shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

岡田将生 映画「家族のはなし」初日舞台挨拶!

岡田将生主演映画「家族のはなし」が11/23(金・祝)公開初日を迎え、イオンシネマ板橋にて行われた舞台挨拶に岡田が登壇した。

原作となる鉄拳のパラパラ漫画「家族のはなし」は、2013年に信濃毎日新聞との企画として発表され、第17回「アジア太平洋広告祭」でフィルム部門・プレス部門をW受賞。“家族の大切さ”をストレートに表現した感動の物語は、“涙が止まらない”とネット上をはじめ各所で話題を集めた。
映画化にあたり、鉄拳をアートディレクターに迎え、物語のキーポイントで今回の映画のために新たに描き下ろした鉄拳のパラパラ漫画と実写の映像を融合するという新しい試みにも挑み、物語に情感を与えている。

リンゴ農園を営む優しい両親とその一人息子・拓也。スポーツで神童と呼ばれた幼少期、怪我。上京して大学生活の傍らのバンド活動。そして挫折。
上手く行きかけてはつまづくことを繰り返す自分に苛立ち孤立していく拓也は、田舎でりんごを愛し育てることに全てを注ぐ父親をいつしか疎ましく思うようになっていた。「何もない田舎で同じことを繰り返しているつまらない人間だ!」八つ当たりをする息子を何も言わず笑顔で受けとめる父親。
そんなある日、夢破れて久しぶりに里帰りした拓也は、“父親が大好きだった頃の自分”と出逢う。
「お父さんのりんご、美味しいよ」わがわままで身勝手な自分を黙って支えていてくれた家族、注がれていた愛情に気づいた拓也に小さな、ささやかな奇跡が起こる。

主人公・小林拓也を演じた岡田は上映後に行なわれた舞台挨拶にて、「本日はこの映画を選んでいただき、本当にありがとうございます。皆様の心に残る映画になってほしいと思いながら作りましたので、いろいろな人に届けたいです。よろしくお願いします。」と挨拶。

初日を迎えた心境を、「とにかくいろいろな人に観ていただきたいのと、この映画は観終わった時に家族に電話をしたくなるような作品で僕もクランクアップした時に家族に会いたいと思ったので、観てくださる方々にも伝わってほしいなと思います。」と話した。

また、自身が演じた役について、「いろいろな家族のあり方がありますが、(拓也の両親は)無償の愛をくれる両親で、帰りたくなる家なんです。お芝居では温かい気持ちと怒りをぶつけないといけないシーンがたくさんあり、やすらぎと怒りの絶妙なところで撮影していました。」と撮影時の心境も交えて話した。

さらに拓也の両親を演じた時任三郎さん、財前直見さんとの共演を振り返り、「撮影自体は短かったのですが、短い中でも優しく包んでくださったので、反発しなくてはいけない役だったのに優しさに負けてしまうこともありました。でも、この優しさにやらないといけないと思いました。」と語った。

そして最後に、「鉄拳さんにお会いして分かったのが鉄拳さんの優しさ。その鉄拳さんが書くストーリーが素晴らしくて、この映画に出演することができて嬉しかったです。いろいろな方に届けたいですし、タイトルが「家族のはなし」ということで、観終わった後に家族と話しをする時間を作っていただけたらと思いながら作りましたので、ぜひこの後“電話してみようかな”とか“会いに行ってみようかな”と思っていただきたいです。今日はありがとうございました。」とメッセージを送った。

この日は勤労感謝の日だったことから、舞台挨拶の最後に岡田から時任さん、財前さんに花束をプレゼント。「ささやかなサプライズです。本当にありがとうございました。」と照れくさそうに話しながら渡す岡田に時任さんと財前さんが笑顔で応え、温かな空気で舞台挨拶は終了した。

映画「家族のはなし」は、イオンシネマにて絶賛公開中!
ぜひ劇場でご覧ください!

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top