shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

青木崇高 映画「かぞくいろ―RAILWAYSわたしたちの出発―」初日舞台挨拶!

青木崇高出演映画「かぞくいろ―RAILWAYS わたしたちの出発―」が11/30(金)公開初日を迎え、新宿ピカデリーで行われた舞台挨拶に青木が登壇した。

同作は、地方のローカル線を舞台に、人と人との繋がりや、自分の生き方を見つめ直す姿を温かく描き、多くの世代から愛される人気シリーズとなった映画「RAILWAYS」シリーズの最新作。
熊本県・八代~鹿児島県・川内を結ぶ<肥薩おれんじ鉄道>を舞台に、血の繋がらない家族が新しい家族のカタチを見つけていく“再生”の物語が描かれる。

奥薗晶(有村架純)は、夫の修平(青木)とその連れ子の駿也(歸山竜成)と3人で幸せに暮らしていたが、突然夫を亡くしてしまう。そのことを伝えるために、晶は夫の故郷である鹿児島県で鉄道の運転士をする義父・節夫(國村隼)に会いに行く。
妻に先立たれ、修平とも長い間疎遠だったため、節夫は突然知らされた息子の死と、初めて会う晶と駿也をどう受け止めたら良いかわからず困惑するが、経済的な理由で東京で暮らせなくなり行くあてがないという晶と駿也を、鹿児島の家に住まわせることをやむなく許す。
こうして、血のつながらない3人の共同生活が始まった。実の子供ではない駿也の母親として生きることを決意した晶は、鉄道が好きな息子のため、節夫が務める肥薩おれんじ鉄道の運転士の試験を受ける。周囲の人々に支えられ、良き母、一人前の運転士になろうと奮闘する晶。大切な人を失った悲しみをそれぞれが抱えながら、3人は次々に起こる出来事に必死に立ち向かう―。

青木は、愛する晶や駿也を残し、ある日突然病で急逝してしまう奥薗修平を演じる。

舞台挨拶にて青木は、「皆さんこんばんは、青木崇高です。本日は数ある映画の中から「かぞくいろ」を選んでくださって本当にありがとうございます。」と挨拶。

家族の絆を描いた同作にちなみ、家族や身近な人から映画を観た反響を聞かれ、「今日が初日なので、大阪の実家の両親がまさに今観ているのかもしれません。親だけに厳しい目で観るかもしれないので、感想が怖いですが…でも、楽しみでもありますし、「かぞくいろ」は大丈夫だと思います!」と笑顔で明かした。

映画「かぞくいろ―RAILWAYS わたしたちの出発―」は全国公開中。
ぜひ劇場でご覧ください!

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top