shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

吉倉あおい 映画「新宿パンチ」初日舞台挨拶!

吉倉あおい出演映画「新宿パンチ」が12/1(土)公開初日を迎え、シネマート新宿にて行われた舞台挨拶に吉倉が登壇した。

同作は、新宿・歌舞伎町を舞台に繰り広げられる、男たちの熾烈なスカウト戦争を描いた物語。

パンチ頭、22歳、童貞、フラれた女は100人とスペック最低の女好き・道場方正(小澤廉)は、人生大逆転を決意し新宿・歌舞伎町へやって来る。
女漁りに勤しむ中、ガールズバーで働くルミ(吉倉あおい)に出会い一目ぼれ。店の黒服・タカシ(毎熊克哉)に暴力を受けていると知り、ルミの再就職先を探し始める。
ひょんなことから、スカウトマンの玄(宮崎秋人)と出会い、スカウト会社新宿ドラグーンの社員に。女性たちに声を掛けては水商売、風俗の仕事を斡旋し紹介料を手に入れる方正。
ある日、紹介した女性が相次いで引き抜かれるトラブルが発生し…。同業者との抗争、苛烈な暴力による圧力。危険に満ちた歌舞伎町でスカウト戦争が勃発する。

吉倉は同作のヒロイン・ルミを演じている。

上映後の舞台挨拶にて吉倉は、「本日は朝早くからお越しいただいてありがとうございます。映画はお楽しみいただけましたでしょうか?短い時間ですが、楽しい時間を過ごせたらと思っています。よろしくお願いします。」と挨拶。

ルミを演じた感想を、「まず台本を読んで感じたのは、ルミは寂しさの中で生きている女の子だなということでした。自分の生い立ちに対してすごくコンプレックスを持っているところや、人が集まる夜の街で生きていく姿も寂しさからくるものなのかなと思って、そういったものを意識して演じました。」と語った。

また、主人公・道場方正を演じる小澤廉さんから、吉倉の手を引っ張って一緒に逃げるシーンについて、“足の速さに自信があったので、吉倉さんに「速すぎたら無理と言ってね。」と話していた。でもいざ撮影が始まったら、吉倉さんの足が長いからか速くて、僕のことを追い越そうとした(笑)”という裏話が明かされる一幕も。それを受け吉倉は、「ヒールも履いて走っていたのですが、“あれ?遅いな…?”と感じて、これは私が本気を出しすぎているんだなと思って少しスピードを緩めました(笑)。」と振り返った。

映画「新宿パンチ」シネマート新宿ほかにて公開中!
ぜひ劇場でご覧ください。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top