shadow

prev

next

ニュースNEWS

STAGE

肘井美佳 舞台「ジーザス・クライスト・レディオスター」開幕!

肘井美佳出演舞台「ジーザス・クライスト・レディオスター」が12/12(水)紀伊國屋ホールで開幕した。

同作は、人気演劇作家の西田大輔さんと元お笑い芸人で気鋭の脚本家、家城啓之(マンボウやしろ)さんのコラボによるシチュエーションコメディーで、西田さんのオリジナル作品として2004年に初演、過去4回の再演を行ってきた人気作。
その原作を、本多劇場で上演した舞台『魔王コント』の脚本・演出を手掛け、TOKYO FM「Skyrocket Company」のDJとしてラジオ番組の裏側を知る家城さんが脚色・アレンジし、西田さんがその脚本を演出をするというコラボレーションで、新たな作品として上演される。

10代を中心に絶大な支持を集めるカリスマDJ・ジーザスが持つ番組は伝説的な聴取率を誇っていた。
今日は特番で生放送。いつもより気合いを入れて生放送に臨むスタッフたち。
番組スポンサーの社長が来たり、特番のゲストが来たりといつもより準備が大変だ。
しかし、OA直前になってもジーザスは現れない。
番組を止めるわけにはいかないとプロデューサーはジーザス不在のままOAを指示する。
ジーザスの穴を埋めるため奔走するディレクター、放送作家、音響たちレギュラースタッフ。
に加え、なぜかゲストやスポンサー企業の社長、演歌歌手など様々な人間を巻き込んで番組が始まってしまう。
様々なトラブルに巻き込まれながらもジーザス不在で無事に生放送を終えることができるのか?

肘井は、六本木のカリスマSM嬢・宮崎ハヤ子を演じる。
ニックネームはポニョで、超スーパーなウルトラヘビー級なモンスタークレイジーなドS。
ジーザス吉田のツケを回収に来てたことから、事件に巻き込まれるが、事件に巻き込まれたというより、自ら積極的に参加していく、という役どころ。

肘井は、「本当に個性的な人たちが揃ってのチームワークが本作の魅力です。劇中、チームワークがないと成り立たないことがいっぱい起こります。初めましての人たちのチームワークの話ですが、それを演じる役者たちのチームワークはとれています。そこがリンクして、お話に更に深みが増しているのではないかと信じて演じています。そのチームワークをぜひ観て頂きたいです。」とメッセージを送った。

舞台「ジーザス・クライスト・レディオスター」は12/24(月・祝)まで紀伊國屋ホールにて上演。
ぜひ劇場でお楽しみください。

☆公式サイト
https://www.mmj-pro.co.jp/jesus-christ-radiostar/

☆アフタートークイベント情報!(肘井出演回)
12/14(金)19:00の回/登壇予定:板倉俊之、染谷俊之、宮平安春、肘井美佳、山崎樹範、西田大輔
12/22(土)17:00の回/登壇予定:中島早貴、小槙まこ、小野寺ずる、肘井美佳、大地洋輔、家城啓之

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top