shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

山田孝之 プロデュース映画「デイアンドナイト」完成披露試写イベント!

山田孝之プロデュース映画「デイアンドナイト」完成披露試写イベントが、12/13(木)に行われ、山田が出席した。

同作は、山田が一切出演せずに裏方へ徹した初の全面プロデュースに挑戦し、山田とは旧知の仲である俳優・阿部進之介が主演を務める完全オリジナル作品。そんな本作が問いかけるテーマは「人間の善と悪」。家族のいのちが奪われ、自らの善悪に翻弄される者たちの物語は、混沌とした現代で強く生きることの厳しさをも描き出す。
監督を務めるのは、ドラマ「100 万円の女たち」や映画『7s/セブンス』『光と血』などを手掛け、映画、ドラマ、MV、CM など様々な分野で映像表現の幅を広げ活躍する若手監督の最注目株とも呼び声の高い藤井道人氏。
山田は、ロケ地の交渉やロケハン、オーディション審査、スポンサーとの交渉、また映画、ドラマ、CM の撮影の合間を縫って、脚本開発会議を定期的に主催。脚本やキャスティングに関して積極的にスタッフと意見を交わしながら本作の製作へ挑んだ。
同世代のメンバーが熱い思いをぶつけ合いながら、2017年11月3日にクランクイン。秋田県の秋田市、鹿角市、三種町で同年11 月末まで撮影が行われ、遂にこころ揺さぶる人間ドラマが完成した。

上映前に行われた舞台挨拶に登壇した山田は、「プロデューサーと言われても、皆さん何だかよく分からないと思います。僕もあまり分かっていませんが、全体的になんかいろいろとやる人です。そういう感じで全体的になんかいろいろやった私でございます。今日は楽しんでください。」と挨拶。

撮影裏側の印象的なエピソードを聞かれると、「安藤(政信)さんをコソッといじめたことがあって、それはとても良い思い出です。安藤さんと阿部ちゃんと僕しか知らないんですけど、あれがあったことによって絆が深まったところがあります。」と明かした。

同作の主題歌は、清原果耶さん演じる大野奈々が歌う「気まぐれ雲」(作詞・作曲・プロデュース野田洋次郎)。山田はレコーディングの現場に立ち会ったといい、「清原さんがすごく良い声をしているので、不安はなかったです。安心して聞いていました。仕事の後に行ったんですけど、清原さんが緊張しているという情報を聞きつけたので、差し入れ持ってかなきゃ!と思って、スーパーで差し入れを買って、持って行って。でもあんまりその差し入れの効果はなかったです。」とコメント。すると清原さんから『いや、そんなことなかったです。終わってから、お家で芋ようかんいただきました』と明かされ、「ずっと芋ようかん、俺。好きだって聞いたら、そればっかり買っていっちゃう。」と話し、会場の笑いを誘っていた。

映画「デイアンドナイト」は、2019/1/19(土)秋田県にて先行公開後、1/26(土)全国公開。
ぜひご期待ください!

【ストーリー】
善と悪はどこからやってくるのか。
父が自殺し、実家へ帰った明石幸次(阿部進之介)。父は大手企業の不正を内部告発したことで死に追いやられ、家族もまた、崩壊寸前であった。そんな明石に児童養護施設のオーナーを務める男、北村(安藤政信)が手を差し伸べる。孤児を父親同然に養う傍ら、「子供たちを生かすためなら犯罪をも厭わない。」という道徳観を持ち、正義と犯罪を共存させる北村に魅せられていく明石と、そんな明石を案じる児童養護施設で生活する少女・奈々(清原果耶)。しかし明石は次第に復讐心に駆られ、善悪の境を見失っていく―。
(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top