shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

板垣李光人 土曜ドラマ9「神酒クリニックで乾杯を」記者会見!

板垣李光人出演土曜ドラマ9「神酒クリニックで乾杯を」の記者会見が、1/10(木)テレビ東京本社で行われ、共演者らと共に板垣が出席した。

同作は、知念実希人氏の同名文庫本(角川文庫/KADOKAWA刊)原作の初映像化作品。
医療事故で患者を死なせた為に働き場所を失い、VIP専門の医院「神酒クリニック」で勤務することになった生真面目な外科医が、クリニックの優秀で一癖も二癖もある名医たちに振り回されながら、患者のために奔走する姿が描かれる。

板垣は、32歳だが小柄で少年のようなルックスを持ち、人の心を読むことができる精神科医・天久翼役を演じる。表情筋の動きから相手が考えていることを見抜いてしまう“サトリ”のような読心術の持ち主。神酒クリニックで働く傍ら、“裏の仕事”でも人の心を読み、なかなかたどり着けない真相に、いち早く気付く等、安藤政信さん演じる神酒の右腕として活躍するという役どころだ。

会見に出席した板垣は、「皆さん個性的で楽しい方ばかりで、その明るさや楽しさが神酒クリニックのキャラクターたちに繋がっていると思います。僕の演じる天久翼は32歳ということで、僕の実年齢の倍の役なので、僕が32歳に見えているのか楽しみでありながら少し不安ですが、視聴者の方たちの反応が楽しみです。まだまだ撮影は続いていくので、これからも頑張っていきます。」とコメント。

役作りについて問われると、「倍の年齢の役をどう演じようかと思っていて、プロデューサーの倉地さんとお話しした時に『板垣君はそのままでいいよ。』と言っていただいたので、人間性の部分は作らずに臨みました。翼の能力である“人の表情筋から考えていることを見抜いたり、嘘を見破る”というところでは、相手の顔をどういう時にどの部分を見たらいいのかを勉強しました。」と明かした。

また、年齢が離れている共演者らとのシーンについては、「役として接する時にいかに年齢が近いように接することができるかは苦労しました。」と振り返った。

土曜ドラマ9「神酒クリニックで乾杯を」は、BSテレビ東京にて 1/12(土)21時放送スタート! (毎週土曜21:00~21:54放送)
ぜひご覧ください。

【あらすじ】
医療事故で働き場所を失ってしまった外科医の九十九勝己(三浦貴大)は、師事していた三森教授(竹中直人)の勧めで「神酒クリニック」で働くことに。そこでは、院長の神酒章一郎(安藤政信)をはじめ、他にも、ちょっとドジな一ノ瀬真美(山下美月)、フェロモンたっぷりの夕月ゆかり(松本まりか)、人見知りすぎる黒宮智人(柳俊太郎)、子供にしか見えない天久翼(板垣李光人)と、誰もがくせ者揃い。ここは腕は立つが一癖も二癖もある医師たちが、世間に知られることなく超VIPの治療を行っているクリニックだった……。九十九は彼らに振り回されつつも、新しい職場に馴染もうとしていくが、神酒クリニックにはある“裏の顔”があった――。それは“どんな依頼でも全力で叶えること”。患者の心配事や大きな悩みを解決することで、精神状態が安定し、患者の治療に繋がるという一風変わった治療をしていたのだった!
九十九の勤務初日に、急患で運び込まれてきたのは、なんと椿山国交大臣(小林幸子)だった!日々舞い込んで来る不思議な依頼……そして、九十九が請け負う衝撃の「治療」とは!?個性派な名医たちが送るノンストップ痛快メディカルエンタメミステリー、ここに開幕!!

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top