shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

柴咲コウ 映画「ねことじいちゃん」初日舞台挨拶!

柴咲コウ出演映画「ねことじいちゃん」が2/22(金)公開初日を迎え、新宿バルト9で行われた舞台挨拶に柴咲が登壇した。

同作は、累計発行部数35万部を超える大人気同名コミックの実写映画化。メガホンをとるのは、日本人の作品としては初めて『ナショナルジオグラフィック』誌の表紙を2度飾った世界的に有名な動物写真家であり、NHK-BSプレミアムで放送中の『岩合光昭の世界ネコ歩き』も大人気の岩合光昭さん。岩合監督にしか撮れない猫たちの表情や島の美しい風景とともに、そこに暮らす人々をユーモラスかつ繊細に描き出す。

2年前に妻に先立たれ、飼い猫のタマと暮らす大吉(立川志の輔さん)、70歳。毎朝の日課は愛猫・タマとの散歩、趣味は亡き妻の残した料理レシピノートを完成させること。
島にカフェを開いた若い女性・美智子(柴咲)に料理を教わったり、幼なじみの巌(小林薫さん)や気心知れた友人たちとのんびり毎日を過ごしたりと幸せな日々を暮らしていた。
しかし、寒さが厳しくなったある日、大吉は突然倒れてしまい、父を心配する息子から「東京で一緒に暮らそう。タマも。」と同居を提案され、大吉は島を離れるのか、残るのかを悩み始めるが、その矢先にタマが姿を消してしまう―
一人と一匹、生まれ育ったこの島で、共に豊かに生きるために下した人生&猫生(にゃんせい)の決断とは…?

柴咲は、都会から島へ移住しカフェを開くヒロイン・美智子を演じている。

上映後に行われた舞台挨拶にて柴咲は、「初日を迎え、この映画を観ていただくことができて本当に幸せです。どうもありがとうございます。」と笑顔で挨拶。

その後、登壇者が猫にまつわるトークを展開。柴咲は、「猫はお家にもいますし、父の家にもいてすごく身近な存在です。お家の猫は熊本のキャットシェルター・かごにゃんさんというところから譲っていただいた保護猫なのですが、賢くて目を合わせると飛び乗るという芸ができるんです。最近はちょっとでも目が合うとお皿や鍋を持っていても飛び乗ってこようとするので、なるべく目を合わせないようにしないようにしています(笑)。セーターを着ているとビロビロになってしまったりして、それが苦労でもあり幸せなところでもあります。」と微笑ましいエピソードを披露する共に、「そういう子が捨てられているということが驚きなのですが、今はすくすくと育っています。」と話した。

この日のフォトセッションでは、劇中に登場する35匹の中から“タマ”ことベーコンをはじめ、たくさんの猫たちが集合。柴咲は劇中で小学校前の防波堤前にいた・ゆずを抱きかかえ、にこやかな表情を浮かべていた。

映画「ねことじいちゃん」は絶賛公開中!
ぜひ劇場でお楽しみください。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top