shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

北村匠海 W主演映画「君は月夜に光り輝く」初日舞台挨拶!

北村匠海W主演映画「君は月夜に光り輝く」が3/15(金)公開初日を迎え、TOHOシネマズ日比谷で行われた舞台挨拶に北村が登壇した。

同作は、第23回電撃小説大賞(KADOKAWA)にて、を応募数4,878作品の中で選考員から圧倒的な支持を受け大賞を受賞した佐野徹夜氏のデビュー作「君は月夜に光り輝く」の映画化。死期が近づくと体が発光する“発光病”という不治の病を患ったヒロイン・渡良瀬まみず(永野芽郁)と、彼女の願いを“代行体験”という形で叶えていくことになる少年・岡田卓也(北村)の儚く美しい命の物語が描かれる。
監督・脚本を務めるのは月川翔。『君の膵臓をたべたい』で日本中の涙をさらった月川が、「この作品をやりたい!」と自ら希望したほど惚れ込み、原作のファンタジックな設定を美しく描きつつ、“死生観”をテーマに、人々が前を向いて生きる意味を問いかける青春純愛映画を作り上げる。

上映後の舞台挨拶にて北村は、「やっと初日を迎えることが出来ました。僕自身思い入れもありますし、たくさんの温もりやメッセージが込められているこの映画を大切に宣伝してきたつもりです。初日を迎えられてとても嬉しいですし、皆さんの感想や反応が楽しみです。今日は最後まで楽しんでいってください。」と挨拶。

公開初日を迎えた心境を、「突然この日がやってきたような感覚です。今回は今までにないくらいバラエティやいろいろな場所で宣伝をさせていただいて、母親からも、“毎日あなたのことをテレビで観るが、ボロが出るんじゃないかと心配です”と言われたり(笑)。まだまだバラエティで「君月」の話を出来ると思っていたので、それが今日で終わってしまうというのは寂しい気持ちですが、今は初日を迎えて僕達から手を離れて皆さんのものになるという感覚でいます。」と語った。

また、周囲で映画をご覧になった方は?と聞かれ、「朝一発目に観に行ってくれた友達がいて、めちゃくちゃ泣いて朝から使い物にならなかったと聞きました(笑)。嬉しかったです。」と明かした。

まみずと卓也が偶然の出会いによって生きることに意味を持ち、2人の人生が大きく変わっていくというストーリーにちなみ、自身にとって人生を変えた出会いは?と問われると、「ドラマでご一緒させていただいた寺尾聰さんです。(役柄では)先生対生徒という立場だったのですが、先生として撮影の合間に全生徒を集めて、撮影とは直接関係のない事や、役者としてのお話もしていただきました。撮影が始まる前に全生徒の前で、“俺もお前も同じスタートラインだから。エンドロールに芸暦やこれまでやってきた作品が載るわけじゃないし、監督も含めてみんなが同じラインでよーいドンで一歩を踏み出すんだぞ。輝きたいのなら、みんなで同じスタートを切っているんだから、人一倍頑張らないと”というような事を言ってくださって、キャリアはもちろん接する上では大事ですが、芝居をする上では関係ないんだという事が僕の中で残っています。」と答えた。

監督・脚本を務めた月川翔と映画『君の膵臓をたべたい』に続くタッグとなった北村は、「最初にお会いしたのは中学1年生くらいの時でした。本当に絶大な信頼を置いていますし、とにかく僕達の話を聞いてくださって、尚且つご自分の意志もちゃんと伝えてくださる監督です。今回は特に流れで一気に撮るということが多かったので、僕も永野芽郁ちゃんも楽しくやらせていただきました。」と話した。

イベント終盤には、北村から永野へ撮影から公開までの想いを綴った手紙のサプライズも。さらに、永野に菜の花の花束を渡し、「『小さな幸せ』という花言葉らしくて、まみずにピッタリだなとスタッフさん全員で考えたものです。小さな幸せを大事にしてください。」と話すと共に、「僕から皆さんに代行をお願いしていたと思うのですが、準備はよろしいでしょうか。」と北村が観客に呼びかけると、会場中が月に照らされたように黄色いペンライトの光で埋め尽くされるという演出が行われた。

その後、手紙を書いた感想を聞かれ、「途中で字を間違えたりして、家で何回も書き直しました(笑)。ありきたりというのが好きではなくて、言葉も大事に選びたいなと思いました。この現場の方々とは不思議といろいろな事を話していましたし、監督とみんなでご飯に行った日もあったり、そういう撮影の日々を思い出しながら書いていました。」と笑顔を見せた。

そして最後に、「僕の中でまた大切な映画がひとつ出来ました。そして、その映画を月川監督、芽郁ちゃん、(卓也のクラスメイト・香山を演じ、この日登壇した)甲斐翔真くんと一緒に撮ったものであることが何よりも幸せです。今日こうしてたくさんの方が映画を観に来てくれた事も嬉しく思っていますし、まだまだ上映は続いていきますので、少しでもこの映画いいなと感じていただけたらぜひ周りの友達に広めてください。そうすればこの映画はこの先もどんどん輝き続けていくのではないかなと思います。本日はありがとうございました。」とメッセージを送った。

映画「君は月夜に光り輝く」は、全国公開中!
ぜひ劇場でご覧ください。

【ストーリー】
高校生の岡田卓也(北村匠海)はクラスの寄せ書きを届けるために行った病院で、入院中の同級生・渡良瀬まみず(永野芽郁)と出会う。明るく振舞う彼女が患う病気は“不治の病・発光病”。細胞異常により皮膚が発光し、その光は死が近づくにつれて強くなるという。そして、成人するまで生存した者はいない―。卓也は病院から出ることを許されないまみずの
“叶えられない願い”を代わりに実行し、その感想を伝える【代行体験】を行うことに。代行体験を重ねるごとに、まみずは人生の楽しみを覚え、卓也は彼女に惹かれていく。しかしその反面、迫りくる死の恐怖が2人を襲う。そして卓也に隠された“ある過去”を呼び覚ます。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top