shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

横浜流星 映画『L♡DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』公開初日舞台挨拶!

横浜流星出演映画『L♡DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』が3/21(木・祝)公開初日を迎え、新宿バルト9で行われた舞台挨拶に横浜が登壇した。

コミックス累計発行部数は1088万部を突破し、愛され続ける超人気少女コミック 「L♡DK」(講談社「別冊フレンド」刊)。2014年に実写映画化され、劇中に登場する「壁ドン」がその年のユーキャン新語・流行語大賞トップ10に選ばれるほど社会的な現象を巻き起こした同作が、ドキドキの三角関係になってパワーアップして帰ってくる。
今回描かれるのは、原作コミックの中でも絶大な人気を誇る「玲苑編」。恋人同士となり、ふたりきりのラブ同居をはじめた葵(上白石萌音さん)と柊聖(杉野遥亮さん)。ふたりの関係は、友達にもナイショの関係!そんな中、突然、柊聖のいとこ・玲苑(横浜流星)がやってきて、秘密を知られてしまい、まさかの3人同居がスタート!?はたして不器用な3人の恋の行方は…?

上映後に行われた舞台挨拶で横浜は、「皆さん、こんにちは。本日はお越しいただきありがとうございます。こんなにもたくさんの方に囲まれて公開を迎えることが出来て、本当に幸せに思います。今日は楽しんでいってください。よろしくお願いします。」と挨拶。

初日を迎えた心境について、「映画を公開出来るのは本当に幸せなことなんだなと前からすごく感じていましたが、今日改めてたくさんの方に来てもらって、作品を観ていただけるのは幸せです。原作の実写化はすごくプレッシャーや責任感があるのですが、そういうのも感じさせないぐらい皆さんが優しく接してくれましたし、僕も1年前に赤髪にして、全力で頑張ったので、無事に公開を迎えてホッとしていますし、幸せな気持ちでいっぱいです。」と明かした。

同作のベスト胸キュンシーンについて聞かれると、「お二人(上白石さん、杉野さん)のベストシーンを挙げます。葵は、プリンのシーンで“俺の好きなところを100個言ってみろ”と言われて、けなげに答えている姿が可愛いなと思いました。柊聖は“持ち上げドン”のフっと笑う顔。あれは女子みんながキュンキュンすると思います。」と笑顔を見せた。

終盤には「サプライズ胸キュン体験プレゼント」と題し、抽選で選ばれた観客に横浜が“胸キュン”をサプライズプレゼント。女性を優しく引き寄せながらの壁ドンを披露し、会場は黄色い歓声に包まれた。

映画『L♡DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』は、絶賛公開中!
ぜひ劇場でご覧ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top