shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

フォンチー ベトナム映画『漂うがごとく』『ベトナムを懐う』初日トークイベント!

フォンチーが、3/23(土)K’s cinemaで行われたベトナム映画「漂うがごとく」「ベトナムを懐う」初日トークイベントに出席した。

3/23(土)よりK’s cinemaほか全国順次公開のベトナム映画『漂うがごとく』『ベトナムを懐う』。社会主義国家ベトナムにおいて珍しい、女性視点の“性”を美しい映像で描いた異色作、そしてベトナム戦争時世界中へ散っていったボートピープルたちの今を描く、まさに「ベトナムの現在地」を描き出す作品となっている。

ベトナムの民族衣装であるアオザイで登場したフォンチーは、『漂うがごとく』を観た感想について、「主人公が印象的で、表情だけでそのシーンや季節が伝わってきました。雨やスコールだったり、バイクがたくさん走っている情景、そういったベトナムの背景も描かれていて懐かしみを感じました。」と笑顔。

『ベトナムを懐う』を観た感想については、「今回いくつかベトナム映画を観させていただいて、一番共感できた作品でした。自分に当てはまるなと思ったのは、この作品に出てくるお孫さんの気持ちです。お孫さんもアメリカ育ちでベトナムのことが一切分からないせいで、ベトナムで育ったおじいちゃんと感情がぶつかる。私も父や母からベトナムの歴史を聞くと他人事ではなくて、私にもベトナムの血は入っているけれど、日本生まれ日本育ちで感覚的にも日本人なので、たまに壁を感じることもあります。リンクする部分がありました。」と話した。

ベトナム映画には幼い頃から親しみがあるといい、「母が大好きでよく家で観ていたのですが、ベトナム映画は時代ものや歴史もののイメージがありました。だから今回、人と人との深いつながりが描かれている作品は新鮮でした。」と明かした。

ベトナムと日本の違いについて問われると、「一番感じるのは、ベトナムは家族間の中での上下関係が厳しいです。父や母の言うことは絶対、おじいちゃんやおばあちゃんが言うことはもっと絶対、口答えしたら許さないみたいな感じです。」と語った。

12月にはアオザイを題材にしたベトナム映画『サイゴン・クチュール』が公開。予告編が上映され、「歌謡曲みたいなリズムがベトナムっぽくていいですね。」と笑顔を見せた。

最後に、「『漂うがごとく』『ベトナムを懐う』、そして12月公開の『サイゴン・クチュール』、本当にどれも素敵な作品です。どれも人間模様が描かれていて、3作品に私が一番感じたのは愛です。『漂うがごとく』は2人の男性に翻弄される女性の心情、『ベトナムを懐う』は異国で懐う故郷愛、『サイゴン・クチュール』はアオザイの歴史となっている話で、素敵な刺繍がどのように作られているのか、刺繍に込められている思い、そんなことが描かれています。ベトナムの情景や良いところが描かれている3作品なので、ぜひご覧ください。本日はありがとうございました。」とメッセージを送り、イベントを締めくくった。

映画『漂うがごとく』『ベトナムを懐う』は、K’s cinemaにて公開中のほか、全国順次公開!
ぜひ劇場でご覧ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top