shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

本郷奏多 映画「キングダム」ワールドプレミアレッドカーペットイベント&完成披露試写会!

本郷奏多出演映画「キングダム」ワールドプレミアレッドカーペットイベント&完成披露試写会が3/27(水)に行われ、佐藤信介監督、原作者の原泰久さん、共演者とともに本郷が登壇した。

時は紀元前、中国春秋戦国時代を舞台に、大将軍になるという夢を抱く戦災孤児の少年・信と、中華統一を目指す 若き王・嬴政(後の秦の始皇帝)を壮大なスケールで描く漫画「キングダム」(原泰久/集英社)。2006 年1月より「週刊ヤングジャンプ」にて連載を開始し、現在までに単行本は 53巻まで刊行され、累計発行部数3800万部超(2019年1月現在)を記録。迫力のあるスペクタクルな映像。人間模様と意志の力を描いた心理描写。いまだかつてない歴史エンターテインメント映画となっている。

本郷が演じるのは、嬴政の異母兄弟・成蟜(セイキョウ)。実母が王族の血を引いている自分こそが純血であり、王にふさわしいと考え反乱を起こす。

この日はまず、六本木ヒルズアリーナでレッドカーペットイベントが行われ、駆けつけた約700名のファンの方を前に本郷は、「皆さん、こんにちは。完成した作品を観たのですが、めちゃくちゃ面白かったです。間違いなく日本最高クラスのエンターテイメント超大作に仕上がっているなと実感しました。劇場で観ていただきたい大迫力の映画なので、公開まで楽しみにしていてください。今日はよろしくお願いします。」と挨拶。

成蟜を演じる上で意識したことについて、「なるべく憎たらしく見えるように、映画を観た人が“こいつ、嫌いだな”と思うようにしたいと思いました。自分で観ていても、“こいつ、嫌いだわ”と思ったので、成功ということです。」と明かした。

その後行われた舞台挨拶に登壇した本郷は、「ようやく完成した作品を皆さんに観ていただけるのが、本当に嬉しいです。我々一同は一足早く観ましたが、ものすごい完成度で感動しました。今日は楽しんでいってください。よろしくお願いします。」と挨拶。

注目してほしいポイントについて、「僕は王室にいて座っているだけだったんですけど、美術セットのこだわりをすごく感じました。どうやら王室のセットだけで何千万かかっているとか…。」と話すと、佐藤監督から“1億です。玉座だけでも何百かかっています”と明かされ、「僕はその何百万円もする玉座に、ちょっと嫌な奴なんでドカッと座るんですよ。そうするとスタッフの方に“ちょっと本郷さん、まず足の裏拭いてもらえますか?”と毎回必ず言われて、王様なのにな…と思っていました。それだけすごくセットが作り込まれているので、その世界観に注目してもらいたいです。」と笑顔を見せた。

映画「キングダム」は、4/19(金)全国公開!
ぜひ劇場でご覧ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top