shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

山田孝之 映画「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」出演決定!

山田孝之が、8/2(金)全国公開のフル3DCG アニメーション映画「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」でボイスキャストを務めることが発表された。

1986 年に第1 作が発売されて以来、現在シリーズ累計の出荷・ダウンロード販売本数が7800 万本を突破している日本を代表する国民的RPG「ドラゴンクエスト」。
現在までに80 を超えるシリーズ作品が発表されている中で、“親子三代にわたって魔王を倒す”“結婚相手を選ぶ”など、大河ドラマのような人生を体感できる作品として、発売から25 年以上経った今でも特に愛され続けているのが「ドラゴンクエストⅤ 天空の花嫁」(1992 年発売)。
そのストーリーを原案にVFX の第一人者である山崎貴氏(『ALWAYS 三丁目の夕日シリーズ』『永遠の0』『STAND BY ME ドラえもん』監督・脚本など)が総監督・脚本を手がける、ドラゴンクエストシリーズ初のフル3DCG アニメーション映画『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』がこの夏スクリーンに登場!
監督には八木竜一氏(『friends もののけ島のナキ』『STAND BY ME ドラえもん』監督)と、花房真氏(『STAND BY ME ドラえもん』アートディレクター)。そして同作の原作・監修を務めるのは、ドラゴンクエストの生みの親であるゲームデザイナー・堀井雄二氏。音楽は、ゲーム音楽の領域を超えて愛される名曲の数々を紡ぎ出し、ドラゴンクエストを支えてきたすぎやまこういち氏が担当し、まさに夢のスタッフがパーティを組んで、伝説的名作に新たな生命を吹き込み、あの感動をスクリーンに鮮やかによみがえらせる。

山田は、主人公・リュカの自慢の父親・パパスを演じる。
行方不明となった妻・マーサを探すため、リュカとともに旅に出る。息子であるリュカへの愛情はとても深く、剣の腕も一流。ヘンリーを攫ったゲマの卑怯な策略によりリュカの目の前で魔物に囚われてしまう……。という役どころだ。

出演にあたって山田は、「以前『ドラゴンクエストヒーローズII 双子の王と予言の終わり』にも声で参加させて頂きましたが、今回の『ユア・ストーリー』でも同様、声だけでの表現は難しいなぁと思いました。大好きなパパスのプレッシャーは半端ではなかったです。しかし、もし私が主人公の声を演じるとなった場合、演技プランが1つしか思い浮かばないのでパパス役で助かりました。完成を非常に楽しみにしています。ヨシ、いや、山田孝之より。」とコメントを寄せた。

映画「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」は、8/2(金)全国東宝系にてロードショー!
ぜひご期待ください。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top