shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

板垣瑞生 映画「僕に、会いたかった」完成披露上映会舞台挨拶!

板垣瑞生出演映画「僕に、会いたかった」が、5/10(金)全国公開。公開に先駆けて4/3(水)TOHOシネマズ日比谷にて完成披露上映会舞台挨拶が行われ、共演者らとともに板垣が登壇した。

同作は、島根県隠岐の島の壮大な自然を舞台に、家族との「今」を大切にしたくなる、き絆と再生を描いた感動の人間ドラマ。ある事故をきっかけにして、記憶を失った男、徹。その後の日々を優しく見守る、母と島の人々。本島から島へ来る留学生たちとの触れ合いの中で、徹の記憶は蘇るのか?島の愛は、人の心を救えるのだろうか?その裏側には家族の、温かくも切ない秘密があった。漁に出られなくなった元漁師は島で懸命に今を生きようとするも、「ありがとう」を言いたい人も忘れ、心だけが前に進まない。そんな男を、島の人々の優しさが包み込む。雄大な自然に囲まれた島で、男は“自分自身”を見つけることができるのか? 事故の真相を知った時、男は……。
板垣は、島留学で本島から壱岐の島へ来る学生・福間雄一を演じる。

上映前舞台挨拶に登壇した板垣は、「隠岐の島の美しい情景と心の温かさが皆さんに伝わるといいなと思って頑張りました。最後までよろしくお願いします。」とコメント。

撮影時のエピソードを聞かれると、「(主演のTAKAHIROさんに)釣りを教えていただきました。投げ方やどう引っ張ったら糸がちぎれないか優しく教えていただいたので、(釣りをするシーンの)撮影もスムーズで助かりました。」と振り返った。

また、思い出に残っていることを問われると、「TAKAHIROさんは本当に釣りが上手で、ポイントを見つけて釣っているというお話しを(現場でも)聞いていたんですけど、実際に大きな魚を釣ったと話しているTAKAHIROさんの顔が子どものようで、その時の表情が今でも忘れられないです。僕も大人になってもそういったことを楽しめる大人になりたいなと思いました。」と語った。

映画「僕に、会いたかった」は、5/10(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー!
ぜひご期待ください。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top