shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

横浜流星 主演映画「チア男子!!」公開直前イベント!

横浜流星主演映画「チア男子!!」公開直前イベントが5/7(火)ラクーアガーデンステージで行われ、横浜が登壇した。

同作は、直木賞作家の朝井リョウの同名小説の実写映画化。実在する男子チアチーム “SHOCKERS”をモデルに、男子チアリーディングチームの発足から成長を描いた感動青春小説で、道場の長男として幼い頃から柔道を続けてきた大学1年の晴希(横浜)が、けがをきっかけに柔道をやめ、親友の一馬とともに男子チアチームの結成を目指す青春ドラマとなっている。

多くの観客がつめかける中イベントに登壇した横浜は、「皆さん、こんにちは!今日は来ていただきありがとうございます。短い時間ですが、楽しんでいってください。よろしくお願いします。」と挨拶。

公開直前の心境について、「まもなく公開なので、すごくワクワクしています。身を削りながら全力で作った作品なので、一人でも多くの方に観てほしいです。」と明かした。

この日は、阿部真央さんが登壇し、主題歌「君の唄(キミノウタ)」を生披露。横浜は、「本当に素敵でした。撮影を思い出したり、ハルの心情になったりして、すごく感動しました。」と語った。

最後に、「本気でチアリーディングに挑戦しました。そのパフォーマンスや、一人一人が何かを抱えながらも前に進んでいく姿に、勇気をもらえる作品だと思います。阿部さんも素敵な楽曲を作ってくださったので、エンディングまで席を立たずに観てくれると嬉しいです。今日はありがとうございました。」とメッセージを送り、イベントを締めくくった。

映画「チア男子!!」は、5/10(金)公開!
ぜひ劇場でご覧ください!

【ストーリー】
柔道一家に生まれたハルは、幼い頃から柔道に打ち込む姉=晴子に憧れて育った。優しすぎる性格から晴子のように強くなれない晴希は、ある日の試合で肩を負傷。以降、柔道を続けるかどうか迷っていた。そんな時同じ柔道仲間で無二の親友であるカズが、突然「やりたいことがあるんだ」と柔道をやめることを宣言。動揺するハルに「俺はこれをやる。ハルと一緒に!」と笑顔で畳みかけたのは、“男子チアリーディング部”の創設だった。ひとつ間違えると大けがにつながるチアの基本は、「仲間を信頼すること」。だが、メンバーを集め練習に打ち込んでいくうちに、“BREAKERS”の歯車は少しずつ狂い始め、やがてメンバーの間に決定的な亀裂を生んでしまう。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top