shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

山﨑賢人 主演映画「キングダム」超大ヒット舞台挨拶!

山﨑賢人主演映画「キングダム」超大ヒット舞台挨拶が5/25(土)TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、山﨑が登壇した。

時は紀元前、中国春秋戦国時代を舞台に、大将軍になるという夢を抱く戦災孤児の少年・信と、中華統一を目指す 若き王・嬴政(後の秦の始皇帝)を壮大なスケールで描く漫画「キングダム」(原泰久/集英社)。2006 年1月より「週刊ヤングジャンプ」にて連載を開始し、4/19に発行された最新54巻までの累計発行部数が4000万部超を記録。迫力のあるスペクタクルな映像。この大ヒット漫画を原作とするエンターテインメント映画『キングダム』が4/19より公開となると、現在までに観客動員350万人、興行収入47億円を突破した。

物語の主人公・信を演じる山﨑は、上映後に行われた舞台挨拶に登壇し、「今日は劇場にお越しいただいて本当にありがとうございます。たくさんの方に観ていただいて今日の機会をいただけたことを嬉しく思います。短い時間ですが、楽しんでいってください。よろしくお願いします。」と挨拶。

超大ヒットとなった本作について、「本当に夢のようというか、何回も観てくださった方もいて、そういう映画は中々ないと思うので、頑張って撮影してよかったですし、想いが届いたんだなと嬉しく思います。」と明かした。

一番好きなシーン・大変だったシーンについて聞かれると、「楽しかったシーンだと、信と漂の修行のシーン。何回も練習して、どんどん上手くはなっていったんですけど、固くなってもしまって、積み上げたものを全部忘れて楽しもうとやったのが、すごく楽しかったです。大変だったのは、漂との別れのシーン。集中力がいる中で何回も撮って大変だったのですが、でも大変こそ力になりました。」と語った。

本作にちなみ、挫折しそうになったとき何をして自分を高めますか?という質問に、「今頑張るしかないと思うこと。今を頑張って乗り越えたら、その先がある、と。単純なことですけど、それしかないかなと思います。」とコメント。さらに夢を叶えることに必要だと思うことは?という質問には、「その夢が好きという気持ちと覚悟、信と漂のように一万回修行するじゃないですけど、努力するのが大事なのかなと思います。」と話した。

最後に、「心を込めて最高のキャスト・スタッフで作り上げた作品が、皆さんとどんどん熱を共有して前に進んでいけているのが、嬉しく思います。また皆さんと会える日を楽しみにしています。今日はありがとうございました。」とメッセージを送り、舞台挨拶を締めくくった。

映画「キングダム」は、超大ヒット公開中!
ぜひ劇場でご覧ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top