shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

柳楽優弥 映画「泣くな赤鬼」公開御礼舞台挨拶!

柳楽優弥出演映画「泣くな赤鬼」が6/14(金)公開初日を迎え、翌15日(土)新宿バルト9で行われた舞台挨拶に、柳楽が登壇した。

同作は、ベストセラー作家・重松清が、教師と生徒の関係を描き続けてきた著書の中でも、特に教師濃度の高い作品集と語る、短編集『せんせい。』所収「泣くな赤鬼」の映画化。

城南工業野球部監督・小渕隆(堤真一)。陽に焼けた赤い顔と、鬼のような熱血指導で“赤鬼先生”と呼ばれていた。
その厳しさで、甲子園出場一歩手前までいきながらも、夢叶わぬまま、10年の月日が流れた。今では、野球への情熱は随分と衰え、身体のあちこちにガタもきている50代の疲れた中年になっていた。
ある日、診察を受けた病院でかつての教え子、斎藤智之<愛称:ゴルゴ>(柳楽)と偶然再会する。ゴルゴは非凡な野球センスがありながら、堪え性のない性格ゆえに努力もせず、途中で挫折し、高校を中退した生徒である。
今では、20代半ばを越え、妻・雪乃(川栄李奈)と息子・集と幸せな家庭を築く立派な大人に成長していた。そのゴルゴが末期がんで余命半年であることを知らされる。
あの時なぜもっと言葉をかけてやらなかったのか、厳しさでしか教え子に向き合えなかったあの頃の後悔。「俺は、わかったつもりで全然わかってなかった―。」命の期限が刻々と迫るゴルゴの願い、それは「俺、また野球やりたいな。」
赤鬼先生は、ゴルゴのために最後に何ができるのか―。

柳楽は、赤鬼先生の10年前の教え子で元・城南工業野球部員。野球部時代は「ゴルゴ」という愛称で呼ばれていた斎藤智之を演じている。

上映後に行われた舞台挨拶にて柳楽は、「堤さんと先生と生徒の間柄をしっかりと描いた作品に出演することができて最高でした。」とコメント。

高校時代のゴルゴ役・堀家一希さんから“本当に好きになりました。笑顔が可愛らしくて、人として良い人なんだろうと思って、柳楽さんのようになりたいと思った”と言われると、「僕も好きになりました(笑)。(堀家さんが)ゴルゴ役で良かったです。橋の下で和田が練習しているところにゴルゴ(堀家さん)が現れるシーンがすごく好き。自然でとても良いなと思いました。」と絶賛した。

同作が教師と生徒の再会から始まる物語であることから、“今、再会したい人は?”という質問があがり、「中学の時のサッカー部の先生がすごく厳しくて、その中学に行けばいつでも会えるんですけど(笑)その先生に会って、今どんな感じで話すことができるのか。機会を見つけて会いに行きたいと思いました。また、ぜひこの映画を観ていただきたいです。」と話した。

そして最後に、「本日は本当にありがとうございました。人間を深く描いた作品に参加することができて嬉しかったです。今日でこの作品で会えるのが最後なんで…堤さん、ハグしてもらってもいいですか?」と堤さんにお願いをした柳楽。すると堤さんは、“なんでやねん”と言いながらも熱いハグを交わし、会場は大きな拍手に包まれた。

映画「泣くな赤鬼」は絶賛公開中!
ぜひ劇場でご覧ください。

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top