shadow

prev

next

ニュースNEWS

WEB

椎名桔平 主演Netflix オリジナル映画「愛なき森で叫べ」が2019年秋よりNetflixで全世界配信!

椎名桔平主演Netflix オリジナル映画「愛なき森で叫べ」が、2019年秋よりNetflixで全世界配信。配信に先駆けて、6/25(火)都内で行われたNetflix オリジナル作品祭に椎名が出席した。

Netflixオリジナルシリーズとなる同作は、園子温氏が監督・脚本を担当。「冷たい熱帯魚」「恋の罪」に続き、実際の猟奇殺人事件にインスパイアされた実録シリーズ第三弾。常軌を超越した事件が絶えず、いつ自分が善悪の狭間に落ちてもおかしくない社会の本質に園子温氏が深く切り込み、人間の深淵を描き出す震撼のサスペンスドラマが誕生した。

椎名が演じる村田丈は一見、快活で好ましい人物だが、実際には他人を巧みな話術と暴力で支配し、金を搾り取り、出会った人々を残虐な犯行へと巻き込む冷酷な先天的犯罪者。彼に出会い運命を狂わされる女性たちとその家族。そして、狂気の沙汰を繰り返す村田たちと行動を共にする若者・シンの謎めいた眼差し…。理不尽な暴力や支配にたやすく精神を侵され、「善人」であることを放棄する登場人物たち。一見自分たちとは無関係とも思える「彼ら」はしかし、「私たち」でもありうるのだ。

イベントでは、2019年夏以降に配信する話題の最新ドラマ、映画、ドキュメンタリー約30作品を一挙に紹介。

監督、共演者らと共にトークセッションに登場した椎名は、「園監督とは映画『新宿スワン2』でお会いしたのですが、その以前からずっと園組に入りたいと思っていて、今回は園さんが監督・脚本ということで、本当の園ワールド作品に参加できて嬉しかったです。どういう作品なのかというのは二の次で、園監督だから何でもやろうという思いで入ったのですが、それ以上にやらされましたね(笑)。」とコメント。

役作りについては、「キャラクターの中に混在しているものがたくさんあって、ポップで底抜けに明るいキャラクターがいたり、殺人鬼になる冷たいキャラクターがいたり、役作りを考えたりしても無理だなと思って、そのシーンそのシーンで監督のおっしゃるような方向性にどう持っていくかを毎日考えていました。ある事件がモチーフだと聞いてはいますが、あんまりそことの関連性を持たずに自分は入っているので、途中で(村田は)園監督の分身なのかなという風にも感じましたし、園さんを観察しながら(現場に)いたような気がします。」と語った。

現場の雰囲気を問われると、「村田の台詞で“映画=人生。人生=映画だ”という台詞があるんですけど、上辺ではそう思ったりしたこともあったのですが、(その台詞の)実体のある映画製作現場に直面したという感じがあって、とても楽しかったです。」と振り返った。

最後に、「Netflixで各国の言語の字幕に変換されると思いますが、ものすごく笑ってもらえると思うし、ものすごく怖がってもらえると思います。つまり、どこの国の人が観ても分からないことは何もない映画になっていると思うんです。本当の意味で日本映画というものがNetflixのシステムによってダイレクトに世界中に発信される作品になるんじゃないかなという期待があります。ぜひ宣伝のお手伝いよろしくお願い致します。」とメッセージを送り、締めくくった。

Netflix オリジナル映画「愛なき森で叫べ」は、2019年秋よりNetflixで全世界配信。
ぜひご期待ください。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top