shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

本田翼 映画「新聞記者」公開記念舞台挨拶!

本田翼出演映画「新聞記者」が6/28(金)公開初日を迎え、翌6/29(土)新宿ピカデリーで行われた舞台挨拶に本田が登壇した。

同作は、一人の新聞記者の姿を通して報道メディアは権力にどう対峙するのかを問いかける衝撃作。東京新聞記者・望月衣塑子のベストセラー『新聞記者』を“原案”に、政権がひた隠そうとする権力中枢の闇に迫ろうとする女性記者と、理想に燃え公務員の道を選んだある若手エリート官僚との対峙・葛藤を描いたオリジナルストーリーとなっている。

東都新聞記者・吉岡エリカ(シム・ウンギョン)のもとに、大学新設計画に関する極秘情報が匿名 FAXで届いた。日本人の父と韓国人の母のもとアメリカで育ち、ある強い思いを秘めて日本の新聞社で働いている彼女は、真相を究明すべく調査をはじめる。一方、内閣情報調査室の官僚・杉原拓海(松坂桃李)は葛藤していた。「国民に尽くす」という信念とは裏腹に、与えられた任務は現政権に不都合なニュースのコントロール。愛する妻の出産が迫ったある日彼は、久々に尊敬する昔の上司・神崎俊尚(高橋和也)と再会するのだが、その数日後、神崎はビルの屋上から身を投げてしまう。真実に迫ろうともがく若き新聞記者。「闇」の存在に気付き、選択を迫られるエリート官僚。二人の人生が交差するとき、衝撃の事実が明らか になる!

本田は、杉原拓海の妻・杉原奈津美を演じる。

上映後に行われた舞台挨拶に登壇した本田は、「今日は早朝から映画をご覧いただきありがとうございます。短い時間ですが、よろしくお願いします。」と挨拶。

初共演となった松坂桃李さんの印象について、「とても静かで落ち着いた方です。一緒に居る時間が長かったのですが、しゃべらなくても平気というか、居心地の良い雰囲気を持っている方だなと思いました。」と話した。

映画タイトルにちなみ、もし自分が新聞記者だったらどんな見出しで記事を書きたい?という質問に、「見出しは、“素晴らしき日々”です。正直、ニュースになるような毎日は送っていないので、でもそんな日々が実はすごく大事なのではないかなと、とても素晴らしい日々なのではないかなと思います。」と笑顔を見せた。

映画「新聞記者」は、絶賛公開中!
ぜひ劇場でご覧ください!

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top