shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

佐藤栞里 映画「ペット2」ジャパンプレミア!

佐藤栞里 声優出演映画「ペット2」のジャパンプレミアが7/14(日)TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、キャストと共に佐藤が登壇した。

同作は、2016年夏に公開された映画「ペット」の続編。
“飼い主の留守中、ペットは何してるの!?”という、動物好きはたまらない秘密の世界を覗かせてくれた前作から、さらに私たちの“知りたい!!”を押し進めた同作。一体、“飼い主といるとき、あるいは飼い主家族の変化に対して、ペットたちは何を感じ、考えているの!?”という、これまた知りたくてたまらないペットたちの本心や秘密が、スケールアップした冒険と大騒動を起こしながら明らかになる!

マックスとデュークは、飼い主のケイティと一緒に楽しく穏やかな生活を送っていた。ケイティはチャックという心優しい男性に出会い、結婚。息子のリアムが誕生する。マックスはリアムをわが子のように可愛がるが、過保護のあまり、彼が100%安全かどうか、いつも心配するようになってしまう。ある日、ケイティたちと家族旅行に行くことになり、その旅行先の農場で、真面目で威厳あふれる農場犬のリーダー、ルースターと出会う。心配性で臆病なマックスは、ルースターから自分の行動と態度で大切なものを守るとはどういうことなのかを教わる中、ある大事件が起こる…。

佐藤は前作に引き続き、マックスとデュークの飼い主・ケイティの声を担当する。

この日はまず劇場内に生中継されるトークショーが行われ、佐藤は、「皆さん、こんにちは。本日は足元が悪い中、お越しいただきありがとうございます。前作に引き続き、さらにパワーアップした大冒険とペットたちの可愛さが待っていますので楽しみにしていてください!」と挨拶。

自慢のペット写真を披露するコーナーでは、ポメラニアンの愛犬・はなちゃんを紹介し、「ちょうどトリミングしたての最近の写真です。じっとしていても笑い顔なので、家族のみんなが癒されています。」と話すと共に、「覚えている芸は、おすわり、伏せ、お手、おかわりなど。あと、朝に“チュッ、チュッ”と言うと、チューしてくれます。はなと「ペット2」の吹き替えの練習をしていたのですが、“マックス~!”と呼んでいたので混乱していました(笑)。」とエピソードを語った。

その後、舞台挨拶に登壇した佐藤は、「前作に引き続き、とにかくペットたちがとても可愛いくて、毛並みの一本一本、鼻の頭の汗の一粒一粒を逃さず観ていただきたいと思います。よろしくお願いします。」と笑顔でコメントした。

スペシャルゲストとして同作のイメージソング『BREAKER』を歌った木村カエラさんが登場し、木村さんにお気に入りのキャラクターを選んでもらうべく、キャストが10秒間のアピールをすることに。
佐藤は、「唯一の人間役、ケイティです。人間なので家事も完璧にこなせます。何より動物が大好きでとても温かい女の子です。あと、ケイティも髪が短くて、カエラさんと共通点があります。ぜひよろしくお願いします!」とアピールするも、木村さんのお気に入りは、(この日登壇したキャストが担当した役柄ではない)うさぎの“キャプテンスノーボール”ということが判明。木村さんが、“うさぎを飼っているんです。『BREAKER』のMVにも出ています”と明かすと、佐藤は、「お名前を聞いてもいいですか?」と興味津々な様子だった。

映画「ペット2」は、7/26(金)全国公開。
ぜひご期待ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top