shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

窪田正孝 映画「東京喰種 トーキョーグール【S】」初日舞台挨拶!

窪田正孝主演映画「東京喰種 トーキョーグール【S】」が7/19(金)公開初日を迎え、丸の内ピカデリーで行われた舞台挨拶に窪田が登壇した。

「東京喰種」は、2011年より連載がスタートし2018年7月に「東京喰種トーキョーグール:re」の最終巻(16巻)発売により完結を迎えた、全世界累計発行部数4400万部を誇る超人気コミックス。また、2017年7月に実写映画「東京喰種 トーキョーグール」が世界29ヶ国で公開され、今もなお拡大中であり、世界的な大ヒットを記録している。そんな同作が、新たなスタッフにより進化した実写映画続編「東京喰種 トーキョーグール【S】』としていよいよ公開。原作の中でも特に高い人気を誇る〈月山編〉の〈喰種レストラン〉を舞台に、史上最悪な喰種との戦いが繰り広げられる。

不慮の事故により、人を喰らわないと生きられない【喰種】と人間のハーフになってしまったカネキ(窪田)。
葛藤を抱えながらも、トーカ(山本舞香)や喰種たちが集う喫茶店「あんていく」の仲間たちと、ささやかながらも幸せな毎日を送っていた。
そんなある日突然現れた男・月山習(松田翔太)により、【喰種レストラン】に招待されるのだが、彼は美食家(グルメ)と呼ばれる、史上最悪の喰種だった―。
カネキの香りにただならぬ執着を見せ、喰らうためにはどんなことも厭わない月山。その魔の手は、次第に周りにも及び始め…。
果たして、大切な仲間たちを守り抜くことができるのか!?
喰種VS喰種の壮絶なバトルが、いま、始まる!!!

窪田は主人公・金木研を演じている。

上映後に行われた舞台挨拶にて窪田は、「みんなで作り上げてきたものが形となり、皆様にお届けする日がやってきて感慨深いです。」とコメント。

公開初日を迎えた心境を、「2年前に1作目が公開され、その後大変な中で撮影が進んでいったのですが、1作目でやったものが新しいキャスト・スタッフさんに受け継がれて形を変えて今回の【S】になりました。作品が続いていくことは役者にとってすごく嬉しいことだなと純粋に思います。」と話した。

前作との違いを聞かれ、「1作目から引き継いでいるキャストの方もいらっしゃいますが、そこに新しいスパイスが加わり、違うジャンルの作品になったと思います。」と答えた。

この日の舞台挨拶では、これまで伏せられていたピエロ集団の宗太役が新田真剣祐さんであることが発表された。窪田は、「パンフレットの登場人物に書いてある名前を墨みたいな感じでぼかしていたじゃないですか。あの時にマッケンって当てている人が多かった。漢字5文字ですし、新田の“田”の部分が角ばっていて、田んぼの“田”じゃないかって。」と話し、「気づいた人?」と投げかけると来場者も同じ思いだったようで、多くの手が上がっていた。

さらに、サプライズゲストとして主題歌『Introduction』を手掛けた女王蜂のアヴちゃんが登場。公開を祝う花束が窪田へ贈られると温かな拍手が会場を包んだ。

そして最後に、「『東京喰種』はちょっと怖いというイメージがあるかもしれませんが、すごく人間味に溢れていて誰よりも喰種が人間らしく感じる。生きていくことはすごく難しいですが、いろいろな人に置き換えて変換して言えることだと思いますし、いろいろな見方ができると思いますので一度ならず二度、三度と観ていただきたいです。続編ができるように皆様のお力添えがあれば嬉しいです。今日はありがとうございました。」とメッセージを送った。

映画「東京喰種 トーキョーグール【S】」は現在絶賛公開中。
ぜひ劇場でお楽しみください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top