shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

本田翼 映画「天気の子」初日舞台挨拶!

本田翼が声優を務めるアニメーション映画「天気の子」が7/19(金)公開初日を迎え、TOHOシネマズ日比谷で行われた舞台挨拶に本田が登壇した。

同作は、世界的に注目されるアニメーション監督・新海誠さんの劇場最新作。
天候の調和が狂っていく時代に、運命に翻弄される少年と少女が自らの生き方を「選択」するストーリー。東京にやってきた家出少年・帆高が出会った、不思議な力を持つ少女・陽菜。ふたりの恋の物語は、美しく、切なく、新たな時代を迎えるあらゆる世代、そして全世界へのメッセージとして描かれる。

「あの光の中に、行ってみたかった」
高1の夏。離島から家出し、東京にやってきた帆高。しかし生活はすぐに困窮し、孤独な日々の果てにようやく見つけた仕事は、怪しげなオカルト雑誌のライター業だった。彼のこれからを示唆するかのように、連日振り続ける雨。そんな中、雑踏ひしめく都会の片隅で、帆高は一人の少女に出会う。ある事情を抱え、弟とふたりで明るくたくましく暮らすその少女・陽菜。彼女には不思議な能力があった。

本田は、帆高と東京行きのフェリーで出会う小さな編集プロダクションを営むライター・須賀圭介の事務所で働く女子大生「夏美」の声を務める。

上映前に行われた舞台挨拶に登壇した本田は、「今日はお越しいただき、本当にありがとうございます。映画を観終わった方々と会うのは今日が初めてなので、とても楽しみにしていました。最後までよろしくお願いします。」と挨拶。

夏美の声について、「監督から声を聞かせてほしいとスタジオに伺ったとき、“好きな食べ物は何ですか?普段何をされているんですか?”といろいろ質問してくださったのですが、そういうときはやはり普段の声ですが、それが良かったと言っていただきました。」と明かした。

さらに本作を観た感想を聞かれ、「監督のやり遂げる力が、全部帆高くんに乗り移っていて、帆高くんの真っ直ぐで周りに何を言われても聞かず、突っ込んでいく姿勢は、大人の自分たちから見ると、無謀に見えて、止めたくもなります。でもその気持ちをも変えてしまうぐらい強い力を感じて、監督の作品への強い想いを感じました。」と力を込めた。

映画「天気の子」は、絶賛公開中!
ぜひ劇場でご覧ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top