shadow

prev

next

ニュースNEWS

STAGE

矢部昌暉(DISH//) 舞台「劇団アニメ座ハイブリッド」第3弾公演開幕!

矢部昌暉出演舞台「劇団アニメ座ハイブリッド」第3弾公演が7/24(水)東京・CBGKシブゲキ!!にて開幕した。

同作は、アムロ・レイのモノマネでお馴染みの若井おさむさん率いる、アニメキャラモノマネ芸人たちと、舞台や映像で活躍する俳優が織りなす演劇公演。今年3月に第2弾が上演され、好評につき第3弾の公演が決定した。
脚本・演出は若井さんが担当、アニメキャラの世界に俳優がたちが演じるキャラクターが絡み合う、まさにハイブリッドなストーリーとなっている。

同作で竹虎丸を演じている矢部は開幕を直前に控え、「芝居とお笑いのハイブリットな舞台が出来上がったと思います。いろいろなところに面白いことが散りばめられています。シリアスなシーンの中にも面白い何かが入っていて、そこで笑ってしまったりしないように気をつけたいと思います。(俳優チームである)僕たちが芝居のベースをしっかり作り、芸人の皆様にはその上で暴れていただくような舞台になっているかと思います。」とコメント。

自身の役を演じるにあたり楽しみな点を、「アニメキャラと共演できることがすごく楽しいです。それぞれのアニメキャラが(そのキャラクターの実際お作品で)起こったことを基に、竹虎丸たちが学んだりするストーリー。台本を見ていて、なるほどと思う場所がたくさんあって、そういったことも楽しみです。」と話した。

また、難しいと思う点を聞かれた矢部は、若井さんが“すぐにセリフを噛んでしまうので、噛まないようにする”と答えたことを受け、「アムロと竹虎丸の重要なシーンで、もしも若井さんが噛んでしまったら笑ってしまうかも。自分との、そして若井さんとの戦いがあります。でもそこも楽しんでいきたいと思います。」と話すと、キャスト陣から笑いが起こった。

「劇団アニメ座ハイブリッド」第3弾公演は、7/28(日)まで東京・CBGKシブゲキ!!にて上演。
ぜひ劇場でお楽しみください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top