shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

山﨑賢人 映画「二ノ国」ジャパンプレミア!

山﨑賢人が主演声優を務めるアニメーション映画「二ノ国」ジャパンプレミアが、7/25(木)豊洲PITで行われ、山﨑が登壇した。

同作は、製作総指揮/原案・脚本:日野晃博(「レイトン」シリーズ)×監督:百瀬義行(『おもひでぽろぽろ』原画 )×音楽:久石譲 (『千と千尋の神隠し』)という日本を代表するドリームメーカーが贈るアニメーション超大作。

現実の世界(一ノ国)で暮らす高校生の主人公・ユウ(山﨑)は、幼なじみのハル(新田真剣佑)とコトナ(永野芽郁)と共に普通の日常を送っていた。しかしコトナを巡るある出来事をきっかけに、ユウとハルは現実(一ノ国)と全く違うもう一つの魔法の世界“二ノ国”へ迷い込んでしまう。そこは命がつながっているもう一人の自分が存在する世界。しかしそこには「コトナの命を救うにはアーシャ(永野芽郁)の命を奪わなければいけない」という残酷なルールがあった-。愛する人の“命”をかけた<究極の選択>を突きつけられるユウとハル。2人が最後に選んだものとは一体!?

山﨑は、主人公・ユウ役の声を務める。心優しい秀才で、二ノ国でアーシャ姫と出会い、恋をする。

先日行われた製作発表会見で、“まさか声優のお仕事をいただけるとは思っていなかった”と話していた山﨑だが、実際に仕上がった作品を観た感想について、「声を入れさせていただいているときは完成していない画だったので、百瀬さんが創られた世界に、声や音楽が加わって、自分が存在していることに素直に感動しました。」と語った。

自身が演じたユウに共感できるところを聞かれると、「僕自身いろんなことに迷って、決断できないことがあるのですが、自分の中でここまで頑張ろうと決めたら、そこに向かって頑張るようにしているので、ユウのように悩みながらも決めたときの強さはすごく共感できますし、男としてカッコいいなと思います。」と話した。

物語にちなみ、魔法世界“二ノ国”にもう一人の自分がいるとしたら、何になりたい?という質問に、「人間じゃなくてもいいんですよね?僕は鳥のように空を飛んだりしたいです。」と明かし、会場を沸かせた。

最後に、「今日初めてお客様に観ていただけるということで、本当に楽しんでもらいたいという気持ちでいっぱいです。自分が実際に二ノ国に行ったらどうするのか、という心で観ていただけたら楽しんでもらえるのではないかと思いますので、ぜひ楽しんで帰ってください。よろしくお願いします。」とメッセージを送り、舞台挨拶を締めくくった。

映画「二ノ国」は、8/23(金)全国公開!
ぜひ劇場でご覧ください!

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top