shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

田辺桃子 高校野球ショートドラマ「青空ふたたび」主演決定!

田辺桃子が8月よりスタートする高校野球ショートドラマ「青空ふたたび」(ABCテレビローカル)で主演を務めることが発表された。

同作は、8/6(火)に開幕する『第101回全国高校野球選手権大会』の試合中継の間(インターバル)放送される、高校野球にまつわるショートドラマ。軽井沢高校の野球部員0人の中で奮闘する女子マネージャー・小宮山佑茉の実際にあった話を元に制作される1日1話(4分)の連続ドラマで、全10話、大会期間中に連日放送される。

連合チームで夏の地方大会に出場していた軽井沢高校だったが、佑茉2年の夏が終わり、3年生の野球部員は引退、残った部員も退部。野球部員がいなくなり、このまま女子マネージャーを続けるか、廃部になるか悩む佑茉だが、野球部監督の勧めで、野球部女子マネージャーを続けることになる。しかし、誰もいないグラウンドを整備し、誰も使っていないボールを磨くだけの日々・・・
そんな佑茉にある日芽生えた新たな夢 「単独チームでの夏の地方大会出場!」「夏、1 勝!」。
最後の夏に向かって、野球部員を集め始める―。果たして、彼女の夢は、叶うのか?

田辺は、軽井沢高校女子マネージャー・小宮山佑茉を演じる。

出演が決まったことのことを田辺は、「記念すべきドラマに携わることができるということが心から嬉しかったですし、それぞれの勝利にひた走る野球部の皆さんの夏に、私も一花添えられたらいいなと、とてもわくわくしました。」とコメント。

撮影を振り返り、「実話ベースでしたので、リアルすぎる青春を目一杯味わわせて頂いたのでどのシーンも甘酸っぱかったし、とにかく楽しかったです。逆に苦労したことといえば、このドラマでは「青空」が大きなキーワードとなっていますが、実際の撮影現場では曇りや雨が多かったのでシーン的にスタッフの皆さんもかなり苦戦していました。笑」と話した。

高校野球にまつわる思い出を聞かれ、「私は高校が女子高だったので野球部は無かったのですが、中学校では放課後に校庭に野球の熱い掛け声が響き渡っていたのを思い出します。それを聞くたびに、夢を追いかける無限の強さを感じていました。」と語った。

同作の見どころを、「きっと、当日のマウンドでは色んな思いが込められた、太陽よりも熱い試合が繰り広げられると思います。その合間で「涼む」ような感覚で、新たに出会うもう一つの青春を楽しんで頂けたら嬉しいです。」と話すと共に、甲子園で戦う球児たちへ、「今日という日は過去にも未来にも 2 度とないので、ここまで募らせてきたありったけの甲子園エネルギーを思う存分出し切ってください!!心から応援しています!」とメッセージを送った。

高校野球ショートドラマ「青空ふたたび」は、8/6(火)よりABCテレビにて放送。(ローカル放送)
ぜひご期待ください!

■高校野球ショートドラマ「青空ふたたび」(全10話)
※1日1話ずつ、試合と試合の中継の間に放送します。独立局でのリレー中継の中でも放送。
※第 1話のみ初回放送は大会第1日の第1試合前を予定。
※雨天により試合中止の場合は、ドラマ放送も休止。翌日に順延となります。
※地上波放送後、民放公式テレビポータル「TVer」で見逃し配信あり。

【第一話あらすじ】
長野県立軽井沢高校。自然に囲まれたこの地では今日も野球部が元気に活動・・・しているはずだった。
しかしグラウンドにいるのはマネージャーの小宮山佑茉(田辺桃子)ただひとり。林原監督(白井哲也)から告げられたミッションは野球部の存続のため、部員を探すこと。
家族にも相談するが、父親(中川浩三)にも突き放されてしまう。
誰もいない野球部で、ただ一人戦い始めた佑茉。しかし早速、野球部にピンチが訪れ…。

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top