shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

小柳心 映画「HiGH&LOW THE WORST」最速プレミア試写会!

小柳心出演映画「HiGH&LOW THE WORST」が、10/4(金)全国ロードショー!公開に先駆けて、8/19(月)ユナイテッド・シネマ豊洲にて最速プレミア試写会が行われた。

映画、ドラマ、動画配信、コミック、SNS、LIVE、ゲームなど、あらゆるメディアを巻き込んで社会現象化し、累計観客動員450万人・ 興行収入65億円突破の、男たちの友情と熱き闘いをメディアミックスで描く「HiGH&LOW」シリーズと、累計7500万部突破・不良漫画 の金字塔「クローズ」・「WORST」(原作:髙橋ヒロシ)との奇跡のクロスオーバーが実現した同作。

小柳は、凰仙学園の四天王・仁川英明を演じる。
試写上映前の舞台挨拶に登壇した小柳は、「誰なんだ!って感じですよね(笑)。観てもらったら分かるんです。こいつがあいつだったんだと。今日は皆さん凰仙のファンだと思うので、(凰仙の特徴でもある)スキンヘッド…ではないみたいですね(笑)。今日は楽しんでいってください。」と挨拶。

仁川英明を演じるにあたっては「HiGH&LOWシリーズはもう4~5年やっていて、クローズとWORSTにも歴史があって、その歴史を背負ってやっていたので、へらへらやっていてもしょうがないと思い、全員ぶっ潰してやろうという気持ちで臨みました。普段はこんな感じですが、スクリーンではもうちょっとちゃんとしています。」と話し、笑いを誘った。

映画「HiGH&LOW THE WORST」は、10/4(金)全国ロードショー!
ぜひご期待ください。

【STORY】
“漆黒の凶悪高校”鬼邪高校。そこは定時制と全日制に分かれ、定時制の番長・村山良樹(山田裕貴)が鬼邪高校の頭を張っていた。鬼邪高の全日制に転入した花岡楓士雄(川村壱馬)は、いつか村山にタイマンを挑むべく、全日制の天下をとる野望を持っていた。全日制は、実力トップの強さを誇る轟(前田公輝)と芝マン(龍)、辻(鈴木昂秀)の轟一派、二年を仕切る中越(神尾楓珠)と一年を仕切る中岡(中島健)が率いる中・中一派、狂った戦い方で成り上がる泰志(佐藤流司)と清史(うえきやサトシ)が率いる泰・清一派、楓士雄と幼馴染の司(吉野北人)と手下のジャム男(福山康平)が仕切る司一派ら、新世代が覇権を争う戦国時代を迎えていた。

一方、やや離れた街・戸亜留市では、幹部以外全員スキンヘッドの最強軍団、鳳仙学園が勢力を強めており、リーダー・上田佐智雄(志尊淳)を筆頭に、小田島(塩野瑛久)、沢村(葵揚)、仁川(小柳心)、志田(荒井敦史)の四人からなる鳳仙四天王[通称・小沢仁志]と幹部のサバカン(坂口涼太郎)が、過去最強の布陣を揃えていた。そんな中、鳳仙の生徒が鬼邪高を名乗る者たちに突然襲撃され、時を同じく鬼邪高の生徒も鳳仙を名乗る者たちに襲われる事件が発生。仲間が襲撃されたことをきっかけに両校互いに敵対心を募らせてゆく。

個性派揃いだが圧倒的力を持つ鬼邪高校、一枚岩に組織化された鳳仙学園——。
夕暮れの河原で両校がぶつかり合う、世紀の頂上決戦が幕を開ける!

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top