shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

林遣都 映画「劇場版 おっさんずラブ LOVE or DEAD」初日舞台挨拶!

林遣都出演映画「劇場版 おっさんずラブ LOVE or DEAD」が8/23(金)に公開初日を迎え、TOHOシネマズ日比谷にて舞台挨拶が行われた。

モテない独身ダメ男・春田創一と、誰もが憧れる理想の上司・黒澤武蔵、イケメンでド S な後輩・牧凌太の三角関係をピュアに描いたラブコメディ『おっさんずラブ』。
2018 年 4 月クール(テレビ朝日系列/土曜 23 時枠・全 7 話)で放送されるや“はるたん”こと春田創一を巡って繰り広げられるおっさん同士の恋模様に笑いながらも、あまりのピュアな愛に心を打たれる視聴者が続出、最終話放送終了後は“おっさんずロス”の声が相次いだ。2018年新語・流行語大賞トップ10、Twitter世界トレンド第1位獲得、日本中に社会現象を巻き起こした『おっさんずラブ』が奇跡の映画化&遂に完結!!
笑いも感動も、スクリーンで頂点へ。おっさんの“ラブ・バトルロワイアル”が今、開幕する――。

上映後に行われた舞台挨拶にて林は、「今日は暑い中、東京は雨の中、足を運んでいただき、ありがとうございます。ライブビューイングをご覧の皆様も今日は本当にありがとうございます。今この会場に出てきて、皆様の温かい声援と熱気を受けて、改めてすごい作品に参加していたんだなと実感しました。本当に幸せな1年間でした。今日面白いと思っていただいた方は、これからより大きな応援をよろしくお願いします。」と挨拶。

イベント中には、同作の“ラブがとまらない”というキャッチコピーにちなんで、自身の“~がとまらない”をフリップに書いて発表する一幕も。
“感謝がとまらない”と書いた林は、「柄にもなく真面目に書きました。(田中)圭君もさっきおっしゃっていたのですが、ファンの皆様あっての作品だと思うので、作品中でも一般募集からエキストラに参加していただいたり、連続ドラマからここまで応援していただいて、感謝の思いがいっぱいあります。『おっさんずラブ』に携わった1年間で、僕自身も変化がありましたし、この作品を通じて自分を多くの人に知っていただいたという実感もあり、自分の頑張り以上のご褒美をいただいたと思っていて、『おっさんずラブ』には感謝してもしきれないという意味で書かせていただきました。」と語った。

映画「劇場版 おっさんずラブ LOVE or DEAD」は、8/23(金)全国公開!
ぜひ劇場でご覧ください。


【STORY】
永遠の愛を誓ったあの日から1年が過ぎ、上海・香港転勤を経て帰国した春田創一(田中圭)。久しぶりに戻ってきた天空不動産東京第二営業所では、黒澤武蔵(吉田鋼太郎)をはじめ、お馴染みのメンバーが顔を揃え、最近配属された陽気な新入社員・山田ジャスティス(志尊淳)も加わり春田を歓迎する。そんな彼らの前に、天空不動産本社のプロジェクトチーム「Genius7」が突如として現れ、リーダーの狸穴迅(沢村一樹)は、本社で新たにアジアを巻き込む一大プロジェクトが発足し、東京第二営業所にもその一翼を担うよう通告する。その隣には、本社に異動しチームの一員となった牧凌太(林遣都)の姿も…。何も知らされておらず動揺する春田だが、本社と営業所の確執が深まるほどに、牧との心の距離も開いてゆく。一方、コンビを組むことになったジャスティスは兄のように春田を慕い、さらには黒澤もある事故がきっかけで突然“記憶喪失”に…!しかも忘れたのは春田の存在のみ。…え、どゆこと?そんな記憶喪失あんの!?混乱する春田をよそに、黒澤は“生まれて初めて”春田と出会い、その胸に電流のような恋心を走らせてしまい…。そんな中、天空不動産を揺るがす前代未聞の大事件が発生!それに巻き込まれた春田にも最大の危機が迫る。果たして、春田の運命は…!?笑って泣けるこの夏最高のエンタテインメント!おっさんたちの愛の頂上決戦<ラブ・バトルロワイアル>が、ついに幕を開ける。

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top