shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

阿部進之介 『このミス』大賞ドラマシリーズ バトンタッチイベント!

阿部進之介が8/21(水)都内で行われた、『このミス』大賞ドラマシリーズ バトンタッチイベントに出演した。

動画配信サービスU-NEXTとカンテレがタッグを組み、宝島社『このミステリーがすごい!』大賞(※)の関連作品をドラマ化する“『このミス』大賞ドラマシリーズ”。
7/4(木)より第1弾ドラマ「時空探偵おゆう大江戸科学捜査」の放送・配信が開始され、8/22(木)最終回を迎える。そして、8/29(木)より第2弾ドラマ「名もなき復讐者 ZEGEN」の放送・配信がスタート。この日は、両作品の出演者が集結し、本編の上映とトークセッションが行われた。

阿部が主演を務めるドラマ「名もなき復讐者 ZEGEN」は、夜の街を生きる男の復讐劇を軸に日本にはびこる闇を切り取るダークエンタテインメント。
阿部はプロの女衒(=性風俗関係の仕事の斡旋業)を名乗り、本名を明かさず、妻を自殺に追い込んだ人物に復讐を企てる男を演じる。

まずは両作品のテーマにちなみ、“タイムスリップして復讐したいこと、もしくはやりなおしたいことは?”という質問があがり、「スポーツをやっていた人は辛いことに立ち向う精神が鍛えられている気がしていて、すごく尊敬します。僕はスポーツを全くやってこなくて、10代は面倒なことから一生懸命ダッシュで逃げていた人間なので(笑)、タイムスリップしてきちんとスポーツをやってたらどうなっていたかなと思います。」と答えるとMCより“ダッシュで逃げることのほうが面倒じゃないですか?”とツッコミが―。すると、「そこに気づいていただけました?今のボケポイントは“ダッシュで逃げていた、一生懸命”です。」と話し、会場の笑いを誘っていた。

その後、「時空探偵おゆう大江戸科学捜査」に出演されている佐久間由衣さん、甲斐翔真さんから「名もなき復讐者 ZEGEN」に出演する阿部、馬場ふみかさんへバトン受け渡し式が行われた。「バトンて何?」と阿部が質問をすると、“『このミス』大賞ドラマシリーズ”の特別審査員であり、両作品に出演している佐藤二朗さんをかたどった“スーパー二朗くんバトン”パネルが登場。阿部は、「バトンじゃなくてジロウさんじゃん!」と話しながらも佐久間さん、甲斐さんから手渡されると、満面の笑みを浮かべていた。

4人揃ってのトークセッション終盤で作品に対する抱負を聞かれ、「撮っちゃったんですよね…。なので、皆さんがどういう風に観ていただけるのかがすごく楽しみです。僕たちも全てを観終わったわけではないので、どうなっているのか純粋に楽しみにしています。「時空探偵おゆう大江戸科学捜査」は解決していくお話しですが、「名もなき復讐者 ZEGEN」は謎解き要素というよりも“サスペンス味”がある話なのでそこを楽しんでいただきたいです。さっき馬場がサスペンス色が強いことを“サスペンス味”って言っていて気に入ったそうなので、僕も言ってみました。」と“サスペンス味”を連発した阿部に馬場さんが“きっと私より気に入っている”と笑顔で明かした。

4人でのトークセッション後は、阿部と馬場さんによる「名もなき復讐者 ZEGEN」トークへ。阿部は、「物語は“はびこる闇”と言われていますが、そこまでではないというか、風俗業に女性を斡旋する仕事は普通にありますし、それを生業にして生活している女性もいらっしゃるわけで、社会の一部だと思っています。今回この役を演じることでより強く感じることができたというか、自分が生きている世界からは遠く感じてしまうようなことが描かれていますが、確実に日本のどこかにこういう人たちはいて、そのなかで僕たちは生きているんだということを演じられたと思いました。」と役を演じたことで感じた思いを話した。

また、撮影中に印象に残っていることを聞かれ、「馬場のスマートフォンのフィルムがバキバキで…。それをクランクインしてまもなく発見し、馬場はそんなに気にしない大らかなタイプなんだと感じました。空き時間に暇だったのでそのことをイジッていて、その後も会うたびにスマホを見ていたら数日後にはきれいになっていました。」と回答。それを受け馬場さんが、“バキバキでも意外とツッコまれなくて。でも今回は変えないとこの話題が終わらないなと思ったので(笑)”と話し、会場が笑いに包まれた。

そして最後に、「このドラマはシリアスな話ではありますが、どこかでこういう人たちが生きていて、虚構の世界ではないかもしれないという感覚を持って観ていただけたら親近感とまではいかなくても、ひとりの人間の物語として観ていただけるのかなと思っています。今日初めてお客様に観ていただけるということでドキドキしています。皆さんの心に刺さる作品になっていると思いますので、面白かったらぜひ宣伝していただきたいです。本日はありがとうございました。」とメッセージを送った。

『このミス』大賞ドラマシリーズ第2弾ドラマ「名もなき復讐者 ZEGEN」は、8/29(木)より放送・配信スタート!(カンテレは毎週木曜日24:25~(初回放送は24:35~)、放送終了後よりU-NEXTで配信)
ぜひご覧ください!

【「名もなき復讐者 ZEGEN」第1話ストーリー】
中国にいる病床の夫の治療費を稼ぐために日本へ出稼ぎにきた中国人女性・李雪蘭(馬場ふみか)。彼女は夜の街で出会った女衒<ぜげん>と名乗る男(阿部進之介)に川崎のマッサージ店を紹介され、店長の直井(遠藤雄弥)や同僚の明菜(永尾まりや)に支えられながら懸命に働き始める。
女衒は声をかけてきた女性に仕事を斡旋し、アフターフォローも欠かさないことで評判が高かった。ある日、女衒は港町で水産加工場を営む佐藤幸造(杉本哲太)のもとを訪れて…。

※『このミステリーがすごい!』大賞とは
新たな時代のミステリー&エンタテインメント作家・作品の発掘・育成を目的に、2002年に創設した新人賞。これまで、第153回直木賞を受賞した東山彰良や、第15回大藪春彦賞を受賞した柚月裕子、累計1000万部突破の『チーム・バチスタの栄光』シリーズの海堂尊などの作家を輩出しており、多くの作品が映像化されている。

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top