shadow

prev

next

ニュースNEWS

INTERNET TV

小野寺晃良 ドラマ「主人公」完成披露試写会!

小野寺晃良出演ドラマ「主人公」の完成披露試写会が8/25(日)ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場にて行われ、スタッフ・キャストと共に小野寺が登壇した。

同作は、日本人の5人に1人と言われる“エンパス” (共感能力)を抱えた主人公・原純太を軸に、周りの大学生たちが「就職」「家族の死」「同性愛」といった悩みにもがき苦しみながら、少しずつ大人への道を探していく物語。

小野寺は、大学生のひとり、濱口大介を演じる。

同世代のキャスト陣との共演を振り返り小野寺は、「シリアスな物語ではありますが、カメラが回っていないところでは普通の大学生のように仲良く、楽しく撮影をすることができました。」とコメント。

自身が演じる濱口大介は同性が好きであることをひた隠しにする役どころ。小野寺は、「みなさんもそれぞれ抱えている悩みや葛藤があると思うんです。それが大介にとっては“同性が好き”ということだった。難しい話ではなく、そういうふうに落とし込めばみんなにもあることなのではないかと思いました。辛いときは一人で抱え込むばかりではなく、いろいろな人に助けを求めてゆっくり歩いていくのもありだと感じました。」と自論を展開した。

また、印象に残っていることを聞かれ、「顔合わせのお昼休憩の時に、おごたん(小越勇輝)と、(神尾)楓珠君と、(長谷川)慎君と、(青木)柚君とでカレーを食べに行きました。あまり時間がなくて急いで食べなくてはいけない状況だったのですが、注文したらおごたんが席を立ったんです。一番最後に食べ終わった人が会計をすることになって、最後が僕で“マジか”と思っていたら、おごたんが“もう(会計を)終わらせてるから”って。」と話すと小越さんが照れ笑いを浮かべながら“僕も先輩にそうしていただいたので”と控えめに話し、その答えに小野寺は、「僕もそうなりたい。カッコイイです。」と絶賛した。

その後、登壇者がボードを使って質問に答えるコーナーが行われた。“撮影現場でのムードメーカーは誰だった?”という質問があがり、主演の神尾さんと同じく小野寺と書いた人が多く、神尾さんが、“メイキングカメラにとにかく映りに行くんです。サービス精神が旺盛ですごいなと思った”と話すと脚本家・森永直人さんが、“メイキングの6~7割が小野寺さんです(笑)。めちゃくちゃ映っていますから、楽しみにしていてください”とコメント。小野寺はすかさず、「メイキングの主演を務めさせていただきました、小野寺晃良です。」と自己紹介し、会場の笑いを誘った。

また、“悩んでいる時に相談する・しない、どちらか?”という質問に小野寺は“しない”と回答。理由を聞かれ、「一人で考え尽くしたほうが良いなと思っているので。」と答えた。

ドラマ「主人公」は、9/2(月)18:00にYouTubeにて第1話が配信(全6話)。
ぜひお楽しみください!

【ストーリー】
大人になるって、どういうことなんだろう。

大学生。大人になる一歩手前。それは人生の転換期。
将来のこと、恋愛のこと、就活のこと。
出会いと別れの連続で、悩みで溢れかえっている。
何をしたら大人。どうなったら大人。決まりなんてなくて、その尺度は人それぞれ。
自分なんていなくたって、自分は必要とされていない…
悩んで悩んで、そう思ってしまうことだってある。

でも、誰だって、自分の人生では自分が主人公。
いろんな人生の主人公が集まって、世界は出来上がっている。

これは “エンパス” という共感能力を抱えた大学生が、
仲間たちと様々な問題や悩みを共有し、大人へと成長していく物語。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top