shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

豊嶋花 ドラマ「おいしい給食」記者会見!

豊嶋花出演ドラマ「おいしい給食」の記者会見が10/9(水)東京・世田谷ものづくり学校にて行われ、豊嶋が出席した。

同作は、給食マニアの教師・甘利田幸男と、給食マニアの生徒・神野ゴウによる、どちらが給食を「おいしく食べるか」という闘いを描く学園グルメコメディ。1980年代のある中学校を舞台に、甘利田と彼を取り巻く子供たち、大人たちのさまざまな人生模様が食欲をそそる給食バトルと共に紡がれていく。

豊嶋は、甘利田が担任を務める1年1組の生徒、藤井マコを演じる。

会見に登壇した豊嶋は、「藤井マコを演じさせていただきました豊嶋花です。楽しかった撮影の『おいしい給食』がいよいよ放送ということで楽しみです。今日は短い間ですが、よろしくお願い致します。」と挨拶。

自身の演じる藤井マコの注目ポイントを問われると、「佐藤大志君の演じる神野ゴウ君が好きという役なのですが、それが分かる回が後半になってからなんです。でも、途中で好きなんじゃないかなと思えるシーンが所々にあるので、そこにも注目して観ていただきたいです。」と語った。

“80年代の中学校が舞台ということで撮影時に驚いたことは?”という質問では、「ミルメークが所々に出てくるんですけど、飲んだことが無かったのでこのようなものがあるんだと思いました。飲んだらすごく美味しくて衝撃でした。」と振り返った。

会見中には同作の内容にちなんで1番好きな給食メニューをフリップで発表する一幕も。
「ケロケロ揚げパン」と書いた豊嶋は、「うぐいすきな粉が揚げパンにかかっていて、カエル色なのでケロケロ揚げパンという名前なんです。食べ終わった後、口の周りが緑になります。」と説明し、笑顔を見せた。

給食マニアの教師と生徒の成長を描く、笑って泣ける学園グルメエンターテインメント!ドラマ「おいしい給食」は10月よりテレビ神奈川、TOKYO MX、BS12 ほかにて順次放送スタート。(全10話)
また、会見中には2020年初春に映画化することが発表された。
こちらもぜひご期待ください!

【ドラマ版あらすじ】
1984 年夏。常盤中学校の校門に立つ数人の教師と当番の生徒。登校する生徒たちに挨拶している。その中に立つ教師、甘利田幸男。甘利田には秘密があった。それは、給食に愛がある故にそれを愛せない奴を許せない「給食絶対主義者」であること。給食のために学校に来ているといっても過言ではない、給食マニア教師・甘利田は、ただ心の奥底で給食を愛するだけ。教師が生徒以上に給食を楽しみにしているなどと知れたら、威厳が失墜するからだ。
だが、そんな彼の前にある一人の生徒が挑戦状を叩きつけることになる。彼の名前は神野ゴウ。給食に愛がある故に変革を求める 13 歳だ。どちらが給食を「おいしく食べるか」。給食マニアの教師と生徒の、静かな「闘い」がはじまろうとしていた。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top