shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

市原隼人 ドラマ「おいしい給食」記者会見!

市原隼人主演ドラマ「おいしい給食」が10月より放送スタート。放送に先駆けて、10/9(水)東京・世田谷ものづくり学校にて記者会見が行われ、市原が出席した。

同作は、給食マニアの教師・甘利田幸男と、給食マニアの生徒・神野ゴウによる、どちらが給食を「おいしく食べるか」という闘いを描く学園グルメコメディ。1980年代のある中学校を舞台に、甘利田と彼を取り巻く子供たち、大人たちのさまざまな人生模様が食欲をそそる給食バトルと共に紡がれていく。

市原は、主人公・甘利田幸男を演じる。甘利田は、給食に愛がある故にそれを愛せない奴を許せない「給食絶対主義者」。いつもスーツ、理詰めで話すので生徒の人気は極端に低い、という役どころで、自身初めて「食ものコメディ」にチャレンジする。

会見に登壇した市原は、「給食、青春、ドラマ、コメディ…ありそうで無かった全く新しい感動をお届けできるのが楽しみです。そして、給食という世代を超えて楽しんでいただける作品ですので、人と人とを繋ぐ作品になることを心から願っています。(甘利田幸男は)一般の枠にはまる教師ではなく、真逆にいるような人間です。教師には見せなくてはいけない姿と見せてはいけない姿があると思うのですが、見せてはならない姿も見せてしまう矛盾だらけの先生です。給食のために学校に通っていると言っても過言ではない男でぶっ飛んでいます(笑)。また、ある意味孤独な男の浪漫でもあります。給食を愛し、給食しか楽しみがないような…(笑)。だからこそ生徒と深く分かりあえたり、給食を通して自分を知ることができたり。その姿が滑稽で笑えるのですが、本人はいたって真剣に目の前のものと向き合っていて、その葛藤の中で悲劇なこともたくさんありますが、遠くで見ると面白い喜劇になっていて、唯一無二の新しいエンターテインメントをお楽しみいただけると思います。」とコメント。

甘利田を演じるにあたって意識したことを問われると、「食が美味しく喉を通るように5キロ以上減量して、給食の前は食事を控えて撮影に臨んでいました。あと、この作品の中での(自分の)見られ方を捨てました。どう見せようかと役者は考えてしまいますが、在り方重視で甘利田先生としてどうあるべきか、どう戦えばいいのかと振り切ったお芝居を含めて楽しんでいただければ嬉しいです。」と語った。

同作の内容にちなんで1番好きな給食メニューをフリップで発表する一幕も。「きな粉パン」と書いた市原は、「揺るがなく好きなんです。」と笑顔を見せた。

また、会見中には2020年初春に映画化することが発表され、「基本的なところは給食を愛する教師と給食をいかに美味しく食べるかの生徒との戦いが描かれますが、戦いの中で号泣しています。より深い世界観には入れる作品になっています。いろいろな方々に楽しんでいただける王道のエンターテインメントになっていますので、ぜひご期待ください。」とPR。

そして最後に、「皆さんが全く観たことのない初めての学園グルメドラマが完成しました。ぜひお腹を空かせてご覧ください。」とメッセージを送った。

給食マニアの教師と生徒の成長を描く、笑って泣ける学園グルメエンターテインメント!ドラマ「おいしい給食」は10月よりテレビ神奈川、TOKYO MX、BS12 ほかにて順次放送スタート。(全10話)
ぜひご覧ください!

【ドラマ版あらすじ】
1984 年夏。常盤中学校の校門に立つ数人の教師と当番の生徒。登校する生徒たちに挨拶している。その中に立つ教師、甘利田幸男。甘利田には秘密があった。それは、給食に愛がある故にそれを愛せない奴を許せない「給食絶対主義者」であること。給食のために学校に来ているといっても過言ではない、給食マニア教師・甘利田は、ただ心の奥底で給食を愛するだけ。教師が生徒以上に給食を楽しみにしているなどと知れたら、威厳が失墜するからだ。
だが、そんな彼の前にある一人の生徒が挑戦状を叩きつけることになる。彼の名前は神野ゴウ。給食に愛がある故に変革を求める 13 歳だ。どちらが給食を「おいしく食べるか」。給食マニアの教師と生徒の、静かな「闘い」がはじまろうとしていた。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top