shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

濱田岳 映画「ヒキタさん! ご懐妊ですよ」公開記念舞台挨拶!

濱田岳出演映画「ヒキタさん! ご懐妊ですよ」が10/4(金)公開初日を迎え、翌5日(土)に新宿ピカデリーで行われた舞台挨拶に濱田が登壇した。

同作は、作家・ヒキタクニオ氏が自らの体験を基に書き上げた同名エッセイの映画化。
今まで日本映画で取り上げられることのなかった妊活をテーマに、困難が立ちはだかっても明るく前向きに乗り越えていくヒキタ夫妻の姿を、ユーモアを交えて描き出すエンターテインメント作品だ。

ヒキタクニオ(松重豊さん)、49歳。職業は人気作家。サウナとビールが大好きで、ジム通いのおかげでいたって健康体。
一回り以上年が離れた妻・サチ(北川)と仲良く暮らしている。
年の差婚のふたりは、子どもは作らず、気ままに楽しい夫婦生活を送るつもりでいたが、ある日の妻の突然の一言ですべてが変わった。
「ヒキタさんの子どもに会いたい」
サチの熱意に引っ張られる形で、妊活へ足を踏み出すことになったヒキタ。
だが、彼は知らなかった。まだまだ若くて健康だと自負していたが、相反して、彼の精子が老化現象を起こしていたことを……。

濱田演じる杉浦俊一は、ヒキタの担当編集者。劇中では“受精大臣”と呼ばれ、ヒキタとは仕事のみならずプライベートでも仲が良く、良き相談相手という役柄だ。自身の役について濱田は、「“受精大臣”という役名は参りました。品のないキャラクターのように感じて、どうやったら正解かがわかりませんでした。この映画は悪人が出てこないので、“受精大臣”は唯一のヒールだと思って責任を持ってヒキタさんを追い込もうと思いました。」と愛情たっぷりに話すと共に、「松重さんとは上司と部下や先生と生徒の関係性の役が多く、実際でも大先輩なので、今回の友達のようにしゃべる役は初めて。サウナでイチャイチャするのがすごく楽しかったです。」と笑顔で話した。

サチの“ヒキタさんの子どもに会いたい”という一言からヒキタ夫妻の妊活がスタートする物語であることから、登壇者が今までで忘れられない一言を明かすことになり、「役柄のプレッシャーや困難さで悩んでいた時があって、その時に西田敏行さんから“僕はあなたのファンなので、伸び伸びしている姿を見せてください”と言っていただいて素直に嬉しかったですし、“男だろ、頑張れ!”と背中を押していただいた気持ちになりました。その一言をきっかけに吹っ切れて伸び伸び演じることができて、優しく言ってくださったのが忘れられません。」と回顧した。

映画「ヒキタさん! ご懐妊ですよ」は、絶賛公開中!
ぜひ劇場でご覧ください。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top