shadow

prev

next

ニュースNEWS

STAGE

熊谷魁人 舞台「暁のヨナ~烽火の祈り編~」制作発表!

熊谷魁人出演舞台「暁のヨナ~烽火の祈り編~」の制作発表が10/24(木)KOEI TECMO CAFE & DININGで行われ、熊谷が出席した。

原作は、2009年より『花とゆめ』で連載がスタートし、既刊30巻シリーズ累計770万部(紙・電子含む)以上を突破した、草凪みずほさんによる大人気コミック。謀反により父王を殺された王女ヨナが、流浪の身となりながらさまざまな人との出会いにより成長し、自身の運命に向き合っていく姿を描いた大河ファンタジーとなっており、2014年10月にテレビアニメ化、2016年には第一弾、2018年には第二弾の舞台公演が行われ、今回第三弾となる新作舞台が上演される。

謀反により父王を殺された高華国の王女ヨナは、専属護衛のハクと共に、城を追われる。旅の途中、神官に使えるユンと出会い、「伝説の四龍の戦士が力を貸してくれる」という神託を告げられ、数々の困難を乗り越えヨナのもとに四龍が集結。ヨナは武器を取り、ハク、四龍らと共に国を守る決意をする。そんな中、痩せた土地と重税による食料不足に苦しめられている火の部族と出会い、奮闘するヨナ達。一方国境では、火の部族と戒帝国千州との闘いが始まろうとしていた。しかし、その戦にはある企みがあることにヨナ達は気づく…

ユンを演じる熊谷は、「二代目のユン君として今回参加させていただくのですが、ユン君を演じるにあたって、前回の作品や一代目の役者さんの良いところなども吸収しつつ、自分が出せる色でユン君を染め上げて、良いものにできたらと思っています。ユン君はヨナ一行の中でお母さん的な存在でもあるので、そういう面でお母さんらしいしっかりとしたユン君を見せつつ、みんなのギャグに鋭くツッコミを入れられるようになっていきたいです。」とコメント。

自身の役を演じる上で楽しみな点を聞かれ、「
“暗黒龍とゆかいな腹へり達”のギャグシーンだったり、火の部族の村でのシリアスなシーンなどいろいろ楽しみなところはあるのですが、今日まで稽古をしてきてやはり楽しみだなと感じるのは、ギャグシーンでのツッコミでして、命をかけるしかないなと思っています(笑)。日々稽古を重ねるごとにみんなのギャグセンスがどんどん上がってきていて、自分がしっかりつっこんでいかないと負けてしまうなと思っているので、ギャグシーンのツッコミに全身全霊をかけていきたいです。」と意気込んだ。

舞台「暁のヨナ~烽火の祈り編~」は、11/16(土)~23(土)EXシアター六本木にて上演。
ぜひご期待ください!

◆舞台「暁のヨナ~烽火の祈り編~」の上演を記念して、「暁のヨナ」Café開催中!
開催日時:2019/10/24(木)〜11/13(水)
場所:KOEI TECMO CAFE & DINING
詳細はこちら>>

◆公式サイト
http://yona-stage.jp/
  • はてなブックマーク

pagetop

page top