shadow

prev

next

ニュースNEWS

CM

岡田将生 「アクサ生命のガン治療保険」新CM発表会!

岡田将生が11/11(月)都内で行われた「アクサ生命のガン治療保険」新CM発表会に出席した。

アクサ生命保険株式会社は、今年4月に販売を開始した『アクサの「治療保障」のがん保険 マイ・セラピー』の広告キャンペーンとCM放映を本日よりスタート。
アクサのブランドアンバサダーを務める岡田は、家族想いの父親が、がんになっても治療と仕事を両立しながら家族と共に前を向いて進み続ける15年の歳月をヒューマンタッチに描いた新CMに出演している。

CMの撮影を振り返り岡田は、「木更津のとある施設で撮影をさせていただきました。プロジェクションマッピングを使った撮影が僕は初めてだったので新鮮な体験でした。家族のために頑張っている方々に僕の言葉が届けばいいなと思いながら、大切に演じさせていただきました。」とコメント。

アクサのブランドアンバサダーを務めて3年目になるが、「もう3年経ったんだという気持ちと、これからも皆さんとアクサを繋ぐきっかけになればと思いながら頑張っていきたいです。」と意気込んだ。

現在日本では2人に1人はがんにかかる時代。その一方で医療技術の発達により、早期に退院して通院しながらがん治療を行うという選択肢も出てきている。『アクサの「治療保障」のがん保険 マイ・セラピー』は、がんの3大治療と言われている「手術」「放射線治療」「化学療法」を入院しなくても保障すると共に、がんに伴う痛みの緩和ケアのサポート、がん治療のための相談ダイヤル、女性専用の相談ダイヤル、セカンドオピニオンサービス、社会復帰のサポートなど、多岐に渡ってサポートしている。岡田は、「入院しないといけないイメージがあったのですが、今は働いたりしながら治療する選択ができるというのはすごいことだと思いました。いろいろなサービスが充実していて心強いです。」と話した。

発表会を記念し、治療をする人を応援する『マイ・セラピー』応援大使に岡田が就任。アクサカラーの赤いタスキを授与され、「こんな大役をいただけて嬉しいです。仕事や育児など日常生活を送りながらがん治療をしていくためのサポート、復帰に向けて応援する、そして自分に合った選択ができるがん保険を知っていただけるように頑張っていきたいと思います。頑張ります。」と力強く語った。

この日は、3児の父で芸人・歌手として活躍するはなわさんも登場し、はなわさんの奥様のお父さんをモデルとした楽曲『お義父さん』を披露。曲ができたきっかけや、その後のお父さんとの交流をはなわさんが話し、「とても感動しました。ちょっとクスッとするところもあり、でも心に刺さる曲。素敵なストーリーがあってこの曲があるんですね。生で聴くことができて本当に良かったです。」と感動した様子で話した。

仕事をしながらがん治療をサポートする保険であることにちなみ、ここからは岡田、そしてはなわさんの仕事に関するトークも行われた。今年の仕事の満足度を聞かれ、「100%です。今年は目標の1つであった朝ドラ「なつぞら」に出演させていただきましたし、舞台もいろいろとやらせていただけたので、自分にとっては充実した1年でした。」とコメント。

働きながら挑戦してみたいことを、「台本を覚えたり暗記をすることが多く、頭が疲れて今までやらなかったのすが、この前まで海外で撮影をしていてコミュニケーションがすごく大切だと思いました。初心に戻って英語をきちんと勉強したいと思っています。もっと勉強しておけば良かった…(笑)。」と話した。

そして最後に、「がんは他人事ではない病気で、『アクサのマイ・セラピー』はがんになっても自分のやりたいことを挑戦させてくれる、そして自分を後押ししてくれる保険です。これからも『マイ・セラピー』応援大使として皆さんに知っていただけるように、頑張っていきたいと思いました。本日はありがとうございました。」と締めくくった。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top