shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

青木崇高 「連続ドラマW 蝶の力学 殺人分析班」完成披露試写会!

青木崇高出演、「連続ドラマW 蝶の力学 殺人分析班」(WOWOWプライム)の完成披露試写会が11/14(木)スペースFS汐留にて行われ、青木が登壇した。

同作は、2015年「石の繭」、2016年「水晶の鼓動」として放送され大ヒットしたクライムサスペンス「殺人分析班」シリーズの3作目。
遺体の首に青い花が活けられる連続猟奇殺人事件が発生し、麻見和史著の原作シリーズの中でも、最もミステリー要素が強く難解な事件が描かれる。
青木は、主人公の如月塔子が最も信頼する先輩刑事・鷹野秀昭を演じる。公安への異動が決まり、塔子とのコンビ解消まで数日に迫る…。

試写上映前の舞台挨拶に登壇した青木は、「(僕も塔子の)成長を観ていました。石の繭・水晶の鼓動で繭から蛹になり、今蝶になった。僕は蛾みたいな(色の)衣装ですが、よろしくお願いします。」と挨拶し、笑いを誘った。

シリーズを通して鷹野秀昭を演じた感想を問われると、「多分今まで仕事をしてきて、ここまでかっこいい役はやったことがないと思うんです。1番かっこいいです。男としても惚れ惚れしますし、(今作の)第1話も先に観たんですけど、(僕自身の)普段のキャラクターを考えると“どの口が言っているんだ”とちょっと恥ずかしいです(笑)。」と話し、「鷹野は警察官の意地というか犯罪を許せないというところと、とにかくチームで小さなものから全てを拾っていって事件を解決しにいくという執念の男で、そういうプライドはすごくかっこいいと思います。」と鷹野の魅力を語った。

また、同作の魅力について、「グロテスクさです。もちろん現実にあっちゃいけないことなんですけど、目を背けたくなるような表現が素晴らしいと思います。だからこそ、こういうことは許しちゃいけないというモチベーションにも繋がりますし、そこの表現がしっかり作られています。美術さんや色々なスタッフさんが緻密に作っていて映像にも出ているので“うわっ”と思うんですけど、それをドラマとして楽しみにしている人は魅力になるんじゃないかなと思います。(第1話を観たら)ひっくり返りますよ(笑)。心臓を叩いてから観てください。なかなか強烈なシーンが出てきますが、それが強い魅力です。」とPR。

撮影現場の雰囲気の良さについても触れ、「キャストもスタッフさんも最初のシリーズから一緒の方が多かったので、そういう意味でもチームでやっていましたし、前回と前々回を踏まえてこういうものはどうだろうと色々話し合えるところもありました。鷹野がみんなと合流するシーンがあったんですけど、その時は芝居抜きで感情がこみ上げてしまって、テストの時に笑顔が出過ぎてしまい“鷹野と全然違うんやんけ!”となってしまったことも(笑)。みんなを肌で感じられるチーム感で出来たことはすごく嬉しかったですし、楽しかったです。」と笑顔を見せた。

「連続ドラマW 蝶の力学 殺人分析班」は、11/17(日)より毎週日曜22時~WOWOWプライムにて放送!(全6話/第1話無料放送)
ぜひご覧ください。

【ストーリー】
警視庁捜査一課十一係の刑事・如月塔子(木村文乃)が最も信頼する先輩刑事、鷹野秀昭(青木崇高)の公安部への異動が決まり、その異動まであと数日後に迫っていた。そんな中、資産家の天野秀雄が、自宅で惨殺される事件が発生。遺体は切り裂かれた首に“青い花”が活けられた状態で発見され、秀雄の妻・真弓は事件の日から行方知れずとなっていた。捜査本部が真弓を最重要参考人として捜索していると、「クラスター16」と名乗る犯人から新聞社宛てに、犯行声明と真弓の居場所を示唆するメールが届く。次々と起こる猟奇殺人事件に翻弄され続ける警視庁と殺人分析班。鷹野の異動が迫る中で、塔子に寄せられる期待と責任も大きくなってゆく。しかし、期待とは反対に事件の捜査は難航し、焦りと不安が募る塔子。果たして、塔子や殺人分析班はこの猟奇殺人事件を解決することができるのか!?誰にも予想できない驚愕のラストが待ち受ける!

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top