shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

吉田大輝 映画「劇場版ほんとうにあった怖い話2019 ~冬の特別篇~」舞台挨拶!

吉田大輝出演映画「劇場版ほんとうにあった怖い話2019 ~冬の特別篇~」の舞台挨拶が11/18(月)渋谷ユーロスペースにて行われ、監督・共演者らと共に吉田が登壇した。

同作は、一般投稿により寄せられた数々の恐怖体験の中から、厳選した逸話を順次再現ドラマ化する心霊オムニバスホラーのシリーズ最新作。
吉田は、第一怖「Trick or Treat」で大学生・航一を演じる。ある廃墟を舞台にオカルトサイトでみつけた“悪魔のトリック・オア・トリート”という儀式をやろうと肝試しを行う大学生3人の物語が描かれる。

上映前の舞台挨拶に登壇した吉田は、「久しぶりにホラー映画に出演させていただいて、どんな怖い思いをするんだろうと思っていました。撮影現場は暗かったりして本当に心霊現象が起きるんじゃないかと心配でしたが、本当に楽しく皆さんと撮影が出来たので良かったなと思っています。」とコメント。

劇中に登場する鍋を囲むシーンでは、実際に吉田が調理した鍋料理が使用されていることが明かされると、「料理はよくします。ブログにレシピも書いていたりするので、良かったら皆さん見てください。フォローとかもしてくれると嬉しいです。」とちゃっかり自身の宣伝を入れ、会場からは笑いが起きていた。

最後に、「僕が作った鍋のシーンは本当に見ていただきたいのと(笑)、あんまり話すとネタバレになっちゃいますが、自分の中で挑戦したことがあって、怖がらせる役をやったのが初めてで、その人格をどう表現していこうかと自分の中で色々と考えたので、そこに注目して観ていただければと思います。」とメッセージを送った。

映画「劇場版ほんとうにあった怖い話2019 ~冬の特別篇~」は、11/23(土)までユーロスペース1週間限定レイトショー!
ぜひ劇場でご覧ください。

【第一怖「Trick or Treat」あらすじ】
これは僕が大学の夏休みに体験した話です。夏休みのある夜、僕と龍、航一の3 人は、ある廃墟に肝試しをしに来ていました。都市伝説好きの龍が、とあるオカルトサイトでみつけた“悪魔のトリック・オア・トリート”という儀式をやろうと言うのです。その儀式は現代の一般的な“トリック・オア・トリート”とは違い、“悪魔に捧げたご馳走を皆で食べる”ことで力を持つ悪魔と契約するというものでした…。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top