shadow

prev

next

ニュースNEWS

LIVE

ONE N’ ONLY 東名阪Zeppツアー ファイナル公演大盛況で終了!!

今年リリースしたシングルが2作連続でオリコンウィークリーランキング1位を獲得し、YouTubeで公開したMVは東南アジアやヨーロッパ、南米など海外からのアクセスが殺到して、5作合計で1000万回再生を突破。始動わずか1年にもかかわらず、今や国内外から注目を集める7人組ダンス&ボーカルユニットのONE N’ ONLYが、11月24日に『ONE N' ONLY〜EBiSSH×SBC〜 Zepp Tour 2019』の最終公演をZepp DiverCity(TOKYO)で開催した。メンバーが熱望していたスタンディング形式での東名阪Zeppツアーだけあって、客席フロアには満員のSWAG(ONE N’ ONLYファンの呼称)が集結し、チケットはソールドアウト。ライブ終演後には2019年を締めくくるクリスマスライブを12月に行うことも発表し、これまでに得たありとあらゆる武器を搭載した全力パフォーマンスで、この1年を支えてくれたSWAGへの感謝を示した。

スターダストプロモーションに所属する4人組EBiSSHと、3人組さとり少年団の合同プロジェクトとして誕生し、これまでは母体2グループの持ち曲にONE N’ ONLYのナンバーを交える形でワンマンを行ってきた彼らだが、今ツアーではONE N’ ONLYの楽曲だけでライブを構成。グラマラスなSEを彩る青いライティングが真紅に変わると、音圧満点のイントロが鳴り響いて、ちょうど1年前にリリースされたデビュー曲「I’M SWAG」からツアーファイナルは幕を開けた。“SWAG”というスラングが持つ“ヤバい”“自分に自信を持っている”という意味の通り、身に纏ったシルバーのジャケットのごとくギラついたパフォーマンスで7人が場を圧倒すれば、グループカラーである白のペンライトを掲げた客席からは悲鳴があがりっぱなし。「ツアーファイナル行くぞ! お前ら手をあげろ!」というKENSHINの煽りから続いたサマーチューン「Sexy Beach Party Yes!!」でも、さっそくSWAGたちの大合唱が場内に満ちる。ステージに大きく広がるダイナミックかつシンクロ率の高いフォーメーションダンスといい、TETTA、REI、EIKUが次々にマイクリレーする巧みなボーカルワークといい、まさにSWAG。沸き立つ満員の客席を見渡して、NAOYAは「Zeppツアーは去年もやったけどシッティングだったから、来年は絶対スタンディングで埋めたいって目標にしてました。こんなにたくさん集まってくれて嬉しいです!」と感謝を述べる。

以降はHAYATO&KENSHINの煽情的なラップも加わって、より多彩色なパフォーマンスを展開。エキゾチックなムードの「LA DI DA」に、スモークの中でシャツをまくり上げ、ラストは全員が床に頽れるダンスで妖しい爪痕を残す「Black Hole」でダークに攻めたかと思いきや、「Don’t worry」に「Bla Bla Bla」と失った愛を切なく、けれどどこか爽やかに歌うダンスチューンで、場の空気を黒から白へと一変させてしまう。いずれにせよ際立ったのはダンスの切れの良さで、特に前述2曲の間に挟み込まれたダンスセクションは圧巻だった。ペアにトリオと次々にフォーメーションを変えながらフロアの目を奪うレベルの高いアクトに、海外で沸騰する人気の一つはこのダンス力であると確信させられるが、振り付けたのはなんとリーダーのHAYATO。当の本人は「7人でマイクを持たないで踊るっていうのが嬉しかった」と達成感を示したが、楽曲のバラエティのみならず、そうしたメンバーの特性を活かしてライブの幅を広げられるのも、この1年の活動の賜物だろう。

「次はみんなで騒ぐところ!」というNAOYAのMCからは、SWAGたちと共に踊り、声をあげるターンへ。白いペンライトが大きく右に左に振られる「POP! POP!」、クラップして跳ねるSWAGたちが本日誕生日を迎えたTETTAに“誕生日おめでとう!”とコールを贈る「HOLIDAY」でヒートアップした本編を、最新シングル「My Love」が笑顔で締めくくる。10月に発表された両A面3rdシングルの片割れは、何を置いてもメロディが出色で、3ボーカルそれぞれがじっくりと聴かせる柔らかな歌声ともぴったりマッチ。最後に7人で大きなハートを作り「SWAGのことが大好き!」と声を揃える姿がミラーボールの温かな光とあいまって、観ているこちらも自然と微笑んでしまう。

そんなファンへの想いは、満場の“ONO”コールを挟んでのアンコールで、よりハッキリと表明されることとなった。ステージに7人が再登場しての1曲目は、今回のツアーから披露されている未発表曲「Only One For Me」。これまでになくスケールが大きく、マクロな愛を感じさせる壮大なスローチューンで、吐き出すようなHAYATO&KENSHINのラップからも、曲に込められた想いの強さが伝わってくる。従来のキラーチューンとは趣が異なるが、ONE N’ ONLYというグループ名とも関わりの深いタイトルからも、彼らにとって重要な曲となることは必至。その命名の理由について、HAYATOは「僕たちには、もっと高い目標があって、もっと大きくなりたいっていう気持ちがある。そこで一番大切なのはSWAG一人ひとりが僕らにとってのONLY ONE、大切な存在だよってこと。いつも応援してくれてるみんなが一人も欠けることなく上のステージに行きたいので、この先もずっと一緒についてきてほしいです」と告白してくれた。

そして、この1年の集大成となるライブにふさわしく、クライマックスではこれまでに培ってきたグループの振り幅を見せつけることに。「Everything’s Changing」の曲中に置かれたメンバーコールで各自キュートにポーズを決め、曲終わりにはEIKUが「テヘッ」とおどけながらも、次の瞬間HAYATOの咳払いを合図に、ダーク&ハードな2ndシングル「Dark Knight」へと雪崩れ込む展開はスリル満点。そこにサイレンが鳴り響き、「これでラストだ!」という叫びから「My Love」の相方である「Category」をアグレッシブに叩きつける流れの破壊力は凄まじかった。チャート1位を記録したシングル曲、すなわちONE N’ ONLYの代表曲を2曲連続で叩きつけ、ワイルドな中に男の色気を滲ませたパフォーマンスでフロアを熱狂の渦へ。これぞ国境を越えて人を魅了するONE N’ ONLYの真骨頂である。

「今日は今までで一番良い景色が見れた。SWAGが楽しんでることで、俺たちも楽しめてる」(REI)、「ライブは生きていて一番楽しい場所。SWAG愛してるよ」(KENSHIN)、「SWAGがいなきゃ、MCもこんなに自由にできない」(KOHKI)、「このメンバーとSWAGに出会えてすごく幸せ。みなさんの心の中にONE N’ ONLYが生き残るように頑張りたい」(EIKU)等、メニューを終えるとメンバーそれぞれがSWAGたちへの感謝を述べる場面も。最後に「バースデーボーイTETTAだぜ! 22歳になったぜ!」とTETTAが気勢をあげると、彼らのプロデューサーであるJUNEがケーキを運び込んでくるサプライズもあり、場内は大いに盛り上がった。さらにNAOYAの口から、12月15日にマイナビBLITZ赤坂でクリスマスライブが開催されることも告知。「みなさんのことがこれからも必要なので、僕たちもみなさんの希望になれるように頑張りたいと思います」と続いた彼の言葉に、きっと嘘は無い。


<メンバーコメント>
HAYATO
「今回のツアーでは単にライブをやるということを超えて、“ライブってなんだろう?”“僕たちにとってSWAGってなんだろう?”ということだったり、ツアーに対しての想いやこれからのONE N’ ONLYのことを、すごく考えさせられました。同じZeppツアーでも去年は“挑戦”、今回は“よりSWAGと近くなる”というテーマがあり、一つひとつのツアーに物語があるんですよね。僕たちが成長できるのもSWAGのおかげなので、この先もついてきてほしいですし、僕たちはもっと上を目指して行くので、何があってもこのメンバーとステージに立ち続けたいと思います」


NAOYA
「このツアーを通してSWAGとより一体感のあるライブができるようになったと感じています。去年のZeppツアーは“挑戦”のツアーで、正直“まだ始動して数ヶ月しか経っていないのに大丈夫なの?”っていう気持ちもあったんですけど、今回、無事にZeppツアーをスタンディングで埋められたのは、本当にSWAGのおかげで、とても嬉しく思っています。でも、まだまだここで止まるわけにはいきません。僕たちにとってライブは生き甲斐です。これからホールだったりドームだったり、もっともっと大きな場所に連れていきたいので、これからもよろしくお願いします」


Text:清水素子
  • はてなブックマーク

pagetop

page top