shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

板垣瑞生 映画「ゴーストマスター」公開記念舞台挨拶!

板垣瑞生出演映画「ゴーストマスター」の公開記念舞台挨拶が、12/7(土)新宿シネマカリテにて行われ、監督・共演者らと共に板垣が登壇した。

同作は、ヤング ポール監督の長編デビュー作でありながら、ブリュッセル・ファンタスティック国際映画祭、プチョン・ファンタスティック国際映画祭、シッチェス・カタロニア国際映画祭など海外映画祭へ続々出品。そして本年度が第1回開催となるイタリアの映画祭・Be Afraid Horror Festでは特別審査員賞を受賞!
世界中の映画ファンを熱狂させてきたオリジナリティ溢れる怪作が、遂に日本公開!

板垣は、劇中のキラキラ恋愛青春映画の主人公・桜庭勇也を演じる。怨念のような映画愛によってモンスター化してしまう役どころだ。

上映後の舞台挨拶に登壇した板垣は、「素敵な映画だったと思うので、今日は最後まで楽しんで帰ってください。よろしくお願いします。」と挨拶。

監督の印象を問われると、「とても良い人です。僕の演出をする時の話になりますが、本当に(良い意味で)狂っているなと思うことが多くありました。台本から読み取れないことってたくさんあって、ヒントみたいなものを監督がくださる時に、すごいクオリティーでホラーの演技指導をやってくださったので、ここまでやっていいんだなとメンタル的にも助かりました。」と明かした。

イベント中には同作のテーマでもある“究極の映画愛。”にちなんで、自身の“究極の○○愛。”を発表する一幕も。板垣は、「究極の声愛です。声フェチというか、声が好きです。」と話し、「こういう仕事をしていると素敵な声がたくさんあるので、ありがたいなと思いつつやっています。」と笑顔で語った。

映画「ゴーストマスター」は、新宿シネマカリテほか全国順次公開中!
ぜひご覧ください。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top