shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

水橋研二 映画「カゾクデッサン」主演決定!

水橋研二が2020年3月公開の映画「カゾクデッサン」で主演を務めることが発表された。

東京という街でさまよい続ける者たちと、東京の郊外で自分の居場所を定めた者たち。または夜に生きる者たちと、陽の中に生きる者たち。
同作では、交わらないはずの者たちがある女性の事故から再び顔を合わせたことをきっかけに、東京の下町と郊外で紡がれる物語を、潤いある光と影の映像美で描かれる。

元ヤクザの剛太。今は恋人のバーで働いている。そんなある日、剛太のところに元妻の息子、光貴が現れる。「母が交通事故にあって意識が戻らないんです。よかったら声をかけてみてもらえませんか」10数年ぶりの再会。剛太は声をかけてみるが意識は戻らない。過去への思いにとらわれる剛太。まだ心の傷は癒やされていなかった。剛太のことをこころよく思っていない光貴の父は、二度と会うなと息子に言い聞かせる。しかし光貴は剛太に魅力を感じ始めていた。翌日、光貴と父は些細なことから親子ゲンカ、そのことが引き金となり光貴は自分の出生の秘密を知ってしまう。動揺する光貴はふとしたきっかけから友人を殴り、暴力の魅力に取り憑かれてしまう――。

水橋は同作の主人公・水元剛太を演じる。

水橋は、「水元剛太役を演じました水橋研二です。
私の役は、過去を後悔ばかりして酒に逃げ現実から目を背けている、そんな男が物語の中で起きる出来事に巻き込まれていくにつれ、自分の事を大切に思っている人、必要と思ってくれてる人に気づき、やっと一歩前に進む事できた、そんな男でした。
現場では、今井監督はじめ、この作品に関わったスタッフやキャストのみなさんと一緒に役の感情や芝居など話し合いながら作り、作品も全員の力が集結して出来た素敵な作品だと思っています。
携わった全ての皆さんに感謝しています。」とコメントを寄せた。

彷徨う大人たちと子どもを結ぶ、色とりどりの「絆」と「幸せ」のかたちを描く、映画「カゾクデッサン」は、2020/3/21(土)より新宿 K's cinemaほか全国順次公開。
ぜひご期待ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top