shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

市原隼人 ドラマ「伴走者」W主演決定!

市原隼人が3/15(日)に放送されるBS-TBS開局20周年記念ドラマ「伴走者」(BS-TBS)でW主演を務めることが発表された。

同作は、浅生鴨氏による同名小説のドラマ化で、視覚障がいのある選手が安心して全力を出せるように、選手の目の代わりとなって周囲の状況や方向を伝えたり、ペース配分やタイム管理をしたりする存在である「伴走者」とブラインドランナーの熱くてひたむきな闘いや、走ることから生まれる愛と再生を描く物語。

物語の主人公は、実業団陸上部から戦力外通告を受けたランナー・淡島祐一(吉沢悠さん)と、不慮の事故で視力を失った元サッカー選手の内田健二(市原)。
ブラインドランナーとして再起を目指す内田は、パラリンピック出場を目標に掲げ、淡島を伴走者として迎える。初めは何かとぶつかり合っていた二人だが、次第に信頼関係が生まれていく―。

クランクインに向け、昨年12月からトレーニングをスタートしているという市原は、「これまでいろいろなスポーツはやってきたのですが、陸上競技は経験してきませんでした。現在、撮影のために毎日走り、走ることに向き合っています。毎日走っていても、その日のコンディションによって走りが変わってくる。一歩を何千回、何万回繰り返す作業が、今とてもおもしろく、走らずにはいられない体になってしまいました。」とコメント。

自身が演じる内田健二について、「視覚障がい者のランナーという役は、難しい役どころですが、真摯に、純粋に、敬意を持って、のぞんでいきたいと思います。キャッチボールがミットの奥まで投げ切らないと伝わらないように、内田という役、設定、環境、作品、すべてを受け止めて、湧いてくる感情をドキュメント感覚で大切にしながら、現場でもがいてみようと思います。」と意気込んだ。

さらに、「2018年の4K開局特番にも出演させて頂きましたが、自分は、常にパイオニア、先駆者であることが夢なんです。今回の作品でも、ドラマを通して、普段見ることができない感情や姿を皆様にお届けして、新たな視聴体験をして頂く、そういった新たな作品を目指していきたいと考えています。」と話した。

ドラマ「伴走者」はBS-TBSにて3/15(日)19:00~20:54放送。
ぜひご期待ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top