shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

清原翔 映画「サヨナラまでの30分」大学生限定試写会イベント!

清原翔出演映画「サヨナラまでの30分」大学生限定試写会イベントが、1/15(水)青山学院大学 アスタジオで行われ、監督・キャストと共に清原が出演した。

同作は、『君と100回目の恋』、「凪のお暇」の大島里美さんが脚本を担当し、『東京喰種 トーキョーグール』の萩原健太郎さんが監督を務めた完全オリジナル映画。
1年前に死んでしまったバンドボーカルのアキと、人と関わるのが苦手な大学生・窪田颯太を主人公とした青春音楽ラブストーリーを描く。

メジャーデビューを目前に解散したバンド「ECHOLL」。
1年後のある日、突然見知らぬ大学生・颯太が現れ、メンバーのヤマケン、重田、森そしてカナに再結成を迫る。
――実は颯太の中身は、1年前に死んだボーカルのアキだった!
偶然拾ったアキのカセットテープを颯太が再生する30分だけ、2人は入れ替わり、1つの体を共有していく。
人づきあいが苦手な颯太と、「俺にこじ開けられない扉はない」が口癖のポジティブなアキ。
ひとりで音楽を作っていた颯太も、次第にアキや仲間と音楽を奏でる楽しさを知り打ち解けていくが、「ECHOLL」を去ったアキの恋人・カナだけは戻ってこない。
カナに再び音楽を始めてもらうため、最高の1曲を作り上げようとする2人。
一方カセットテープに異変がおき、アキと颯太の入れ替われる時間は短くなっていく―。

清原は、「ECHOLL」のベース担当で、個性豊かなメンバーをその優しさで包む・森涼介を演じる。

この日は、公開に先駆けて大学生限定試写会イベントを実施。上映後のトークイベントのゲストは萩原監督だと知らされている学生たちの前に、萩原監督、新田真剣佑さん、北村匠海、久保田紗友さん、葉山奨之さん、上杉柊平さんと共にサプライズ登壇した清原は、「一回やってみたかったことをやってもいいですか?」と話し、「楽しんでいただけましたか?!」と学生たちに投げかけると大歓声が―。「サプライズということで面白い話ができたらと思います。よろしくお願いします。」と笑顔を見せた。

その後、質疑応答が行われ、“一番大変だったシーンやワクワクしたシーン、また特に観てもらいたいシーンを教えてください”と質問され、「演奏シーンは、今まで僕が生きてきた中で味わうことのなかった感覚がありました。普通に生きていたら味わえない感覚だと思うので、ぜひ皆さんも一回やっていただきたいです。」と振り返った。

さらに、“映画の中で青春を感じるシーンがたくさんありましたが、学生時代の青春エピソードを教えてください”という質問があがり、北村が“この映画の撮影をしながら僕も一緒に青春を感じていた”と話すとそれに同調し、「映画には出てきませんが、松本の練習スタジオがあって、そこでみんなでいるのが好きでした。」と話した。

最後の質問者として女子生徒が指名され、“実は私たちもサプライズがあります。聴いていただきたくて、映画の中で流れていた(キャスト陣が演じる劇中バンド)ECHOLLの『もう二度と』をみんなで練習してきました”と話し、ワンコーラスを合唱して登壇者に逆サプライズのプレゼント。清原は、「作品としてではありますが、僕たちが演奏させていただいた曲がこうやって広まってすごく嬉しかったです。曲を作ってくれた雨のパレードの福永浩平君に伝えたいと思います。」と感慨深い様子で話した。

映画「サヨナラまでの30分」は、1/24(金)公開。
ぜひ劇場でご覧ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top