shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

清原翔 映画「サヨナラまでの30分」公開記念舞台挨拶!

清原翔出演映画「サヨナラまでの30分」が1/24(金)公開初日を迎え、翌25日(土)TOHOシネマズ 日比谷で行われた舞台挨拶に清原が登壇した。

同作は、『君と100回目の恋』、「凪のお暇」の大島里美が脚本を担当し、『東京喰種 トーキョーグール』の萩原健太郎が監督を務めた完全オリジナル映画。
1年前に死んでしまったバンドボーカルのアキと、人と関わるのが苦手な大学生・窪田颯太を主人公とした青春音楽ラブストーリーを描く。

メジャーデビューを目前に解散したバンド「ECHOLL」。
1年後のある日、突然見知らぬ大学生・颯太(北村匠海)が現れ、メンバーのヤマケン(葉山奨之)、重田(上杉柊平)、森(清原翔)そしてカナ(久保田紗友)に再結成を迫る。
――実は颯太の中身は、1年前に死んだボーカルのアキ(新田真剣佑)だった!
偶然拾ったアキのカセットテープを颯太が再生する30分だけ、2人は入れ替わり、1つの体を共有していく。
人づきあいが苦手な颯太と、「俺にこじ開けられない扉はない」が口癖のポジティブなアキ。
ひとりで音楽を作っていた颯太も、次第にアキや仲間と音楽を奏でる楽しさを知り打ち解けていくが、「ECHOLL」を去ったアキの恋人・カナだけは戻ってこない。
カナに再び音楽を始めてもらうため、最高の1曲を作り上げようとする2人。
一方カセットテープに異変がおき、アキと颯太の入れ替われる時間は短くなっていく―。

清原は、「ECHOLL」のベース担当で、個性豊かなメンバーをその優しさで包む・森涼介を演じている。

上映後に行われた舞台挨拶にて清原は、「一回あれをやっていいですか?」と話し、「楽しんでいただけましたか?」と客席に投げかけると大きな歓声が。先日行われた大学生限定試写会の冒頭でもやったため“やりたがるよね”“好きだねー”とキャストからツッコまれつつ、「観ていただけて本当に嬉しいです。みんなで楽しく語れたらと思います。よろしくお願いします。」と笑顔で挨拶した。

その後、お気に入り・思い入れのあるシーンは?と聞かれ、「いっぱいありますが、居酒屋でのシーンが好きです。僕達にはアキのことが見えない設定でしたが、マッケン(新田)が攻めた芝居をしてくるんです。ちょこちょこ相槌を打ってくるので“あっ”って見てしまったりして(笑)。そのあたりは大変でしたが撮影はとても楽しくて、本当に飲み会をやっているかのようでした。」と振り返った。

この日の舞台挨拶ではタイトルにもある“30”の数字にちなみ、30秒チャレンジ企画を実施。新田さんと北村、久保田さんと葉山さん、上杉さんと清原の3チームに分かれ、『30秒でカセットテープをどれだけ高く積み上げられるか』、『30秒で万歩計の歩行数をどれだけ増やせるか』に挑戦した。お昼の豪華弁当をかけた闘いに真剣勝負のキャスト陣。結果は新田さんと北村のチームが2勝し、見事お昼の『肉づくし弁当』を獲得した2人は満面の笑みを浮かべていた。

映画「サヨナラまでの30分」は、現在大ヒット公開中。
ぜひ劇場でご覧ください!

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top