shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

山口もえ 「映画 きかんしゃトーマス チャオ!とんでうたってディスカバリー!!」公開アフレコ会見!

山口が声優出演する「映画 きかんしゃトーマス チャオ!とんでうたってディスカバリー!!」公開アフレコ会見が2/7(金)に行われ、麒麟の田村裕さん、川島明さんとともに山口が出席した。

2020 年に原作誕生から75周年を迎え、全世界で人気を博す「きかんしゃトーマス」。前作「Go!Go!地球まるごとアドベンチャ ー」及び2019年4月より放映中のTVシリーズより、国連とのコラボで持続可能な開発目標(SDGs)にちなんだテーマがエピソードに盛り込まれるなど、大切なメッセージを子どもたちに伝えてきた。さらに、東京学芸大学「こども未来研究所」との共同研究プロジェクトでは、「きかんしゃトーマス」の世界観が“認知能力”と“非認知能力”をバランスよく高め、子どもの豊かな成長に寄与するという研究結果が発表されるなど、幼い頃から触れるコンテンツとしての素晴らしさも実証されている。
時にはわがままを言ったり、ケンカもするけれど、“友だちだって大事”というメッセージがどの作品にも込められている「きかんしゃトーマス」シリーズ。トーマスの勇姿を通して“友情とチームワーク”の大切さを伝える。

ソドー島はトラブル続きで、トーマスたち蒸気機関車は大忙し!そんな時、港で事故が発生!ティドマス機関庫の蒸気機関車たちは、スチーム・チームを結成してピンチを切り抜ける。そのあと、イタリアで仕事をすることになったトーマスは、「消えた機関車」の伝説に興味津々。迷い込んだ鉱山で出会ったのは…!?

山口は、舞台となるイタリアでトーマスにいろいろなことを教えてくれる女の子の機関車ジーナの声優を務める。

今回、声優初挑戦となる山口は、オファーをいただいたときの心境について、「“え、私でいいの?”ってびっくりしました。声に特徴があるとは言われるのですが、家で“OK! Google”と呼んでも反応してくれないですし(笑)、とにかく自分の声があまり好きではないので、まさか子どもが小さい頃から観ていたトーマスの作品に参加するチャンスをいただくなんて思わなかったです。でも出来るかどうか自信がなくて、一晩考えました。家族にも相談して、皆が“観たい!良いチャンスじゃない?”と後押ししてくれたので、出ることを決めました。」とコメント。続けて、「私は芸能生活が今年で25周年なのですが、まさかこんな大役をいただけるなんて思わなかったです。ほんの少し出るゲスト役かなと思ったら、結構がっつりで(笑)。トーマスにイタリアの素晴らしさを教える役だったので、台詞もしっかりありましたし、言いにくい言葉も出てきて大変なこともありましたが、元気はつらつに、少しだけトーマスとの恋仲もあるので、トーマスが好きなってしまうようなジーナを演じました。」と明かした。

役作りについて聞かれると、「途中でイタリア語を話したり、専門的な言葉も出てくるので、とにかく活舌よく、“寿限無(じゅげむ)”を唱えて頑張りました(笑)。あとジーナは早口なので、映像を見ながら、最初に入れてくださっていた声を何回も何回も聞いて、その音に合わせてしゃべれるように練習しました。あまりにも練習しすぎて2歳の娘が台詞を覚えてしまったぐらいでした。」と笑顔を見せた。

また、アフレコ収録時の様子を振り返り、「収録は一日で終わるはずが、二日かかりました。収録当日は、子どもたちや夫から“がんばってね!”をもらって行ったのに、一日で終わらなくて反省して、その日は何も出来なかったです。でも撮り終わったときは、“無事終わった!”と家族で抱き合いました(笑)。大好きなトーマスの映画ですし、観てくださる方もすごく楽しみにしていますから、絶対良いものを作りたいと頑張りました。私も家族で観に行きたいと思います。」と語った。

最後に、「初めて映画を観られるお子さんにも優しくなっています。照明も明るかったり、怖い音も鳴らないようになっているので、初めて映画館に行かれるお子様連れの方にも楽しんでいただきたいなと思います。ぜひ映画館にいらしてください。今日はありがとうございました。」とメッセージを送った。

「映画 きかんしゃトーマス チャオ!とんでうたってディスカバリー!!」は、4/3(金)シネ・リーブル池袋 全国イオンシネマほかにてロードショー!
ぜひ劇場でご覧ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top