shadow

prev

next

ニュースNEWS

OTHER

本郷奏多 主演実写ムービーゲーム「Death Come True」プレス発表会!

本郷奏多が主演を務める実写ムービーゲーム「Death Come True」のプレス発表会が、2/6(木)新宿バルト9で行われた。

同作は、日本初となる映画とゲームを融合させた「インタラクティブコンテンツ」で、具体的には、プレイヤーの選択によってストーリーが展開し、それに伴い、複数のエンディングが存在するという新感覚作品となっている。

舞台は、とあるホテル。主人公、カラキマコト(本郷)は連続殺人事件の犯人として指名手配されている。しかし男には一切の記憶がない。そんな状況の中、男には死ぬと「タイムリープ」して過去に戻る不思議な能力がある。犯人として、追われながら、男は誰を信じて、誰を疑う?そして、自分自身の本当の正体とは?選択と死を繰り返しながら、男は真実を目指す。

プレス発表会に登壇した本郷は、「(予告編にもあった)”映画なのか?ゲームなのか?”という言葉が表しているように自分の選択によって物語が大きくガラっと変わっていく作品で、これを実写で作るというのは労力もいることだと思いますし、思いついた人はいてもやらなかった事だと思います。今回こんなに面白そうな作品が出来て、非常に嬉しく思っております。早くやりたいな。」とコメント。

同作のシナリオは『ダンガンロンパ』などで知られるゲームクリエイター・小高和剛さんが手掛けており、脚本の感想を求められると、「小高さんってこういうジャンルの台本を書かせたら日本一の天才だと思っていて、その小高さんらしさ全開の脚本で凄く楽しく読ませていただきました。ゲームならではの仕掛けというのがたくさん盛り込まれていて、ただ単に映像を観ていくとかノベライズを観ていく感覚とは違って、プレイヤーだったんだということがギミックになっていたりするので、(皆様にも)楽しんでいただけるかなと思います。衝撃を受けることがたくさんあると思います。」と語った。

カラキマコトを演じるにあたって心掛けたことを問われると、「目が覚めたら何も記憶が無くて、とんでもない事が次々と起こっていくというキャラクターだったので、そのまま飛び込んでいいかなと思って、毎日皆さんに引っ張っていただいて、撮影をしておりました。」と振り返った。

最後に、「プレイヤーの選択によって物語が変わっていくという、今までの映画では得られなかったような没入できる作品になっています。この作品をゲームで作ることも出来たと思いますが、それをあえて実写で作ったということは、我々キャスト陣が今のCGには出来ないお芝居をやるしかないと思ったので、魂を込めて演じさせていただいております。1本の作品でもムービーのトータルボリュームでいったらとんでもないことになっているので、お買い得な作品になっていると思います。大きな選択肢がいくつかあって、皆様がそれのどちらを選ぶのかをプレイした人に聞いてみたいところがあったりして、プレイヤー同士でも盛り上がれる作品になっていると思います。とにかくすごい作品になっているので、完成を楽しみにしていてください。」とメッセ―ジを送った。

実写ムービーゲーム「Death Come True」は、2020年6月リリース予定。(価格:1,900円対応デバイス:iOS/Android/Switch/PS4/PC 予定)
ぜひご期待ください。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top