shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

本郷奏多 NHK大河ドラマ「麒麟がくる」出演決定!

本郷奏多が、NHK大河ドラマ「麒麟がくる」に出演することが発表され、2/19(水)に行われたスタジオ取材会に出席した。

王が仁のある政治を行う時に必ず現れるという聖なる獣、麒麟。応仁の乱後の荒廃した世を立て直し、民を飢えや戦乱の苦しみから解放してくれるのは、誰なのか……そして、麒麟はいつ、来るのか?若きころ、下剋上の代名詞・美濃の斎藤道三を主君として勇猛果敢に戦場をかけぬけ、その教えを胸に、やがて織田信長の盟友となり、多くの群雄と天下をめぐって争う智将・明智光秀。同作は謎めいた光秀の前半生に光を当て、彼の生涯を中心に、戦国の英傑たちの運命の行く末を描く。放送では、5月中旬から主な舞台が美濃から越前へと移り、光秀の新たな物語が展開していく。

本郷は、越前編より登場する、若き関白・近衛前久を演じる。その類いまれなる行動力で、公家でありながら自ら政治に介入する、変わり種の貴族。近衛家に拾われた過去をもつ伊呂波太夫と、幼少期、きょうだいのように育ち、何かと行動を共にする。

スタジオ取材会に出席した本郷は、「僕は大河ドラマに初めて出演させていただきます。この錚々たるメンバーの中にお邪魔させていただいて、非常に有難いな、嬉しいなという気持ちでおります。私の演じる前久は、関白というポジションにありまして、非常に偉い人物です。ですので、錚々たる皆さんが、僕に対して頭を下げてくれるのは、きっとさぞ気持ちいいのだろうなと、今から撮影を楽しみにしております。」と笑いを誘った。その後は「しかし、ものすごい先輩方に混じらせていただくので、胸を借りる気持ちで、ご迷惑をおかけしないように、最後まで頑張りたいと思います。よろしくお願い致します。」と意気込みを語っていた。

また主演の明智光秀を演じる長谷川博己さんの印象について聞かれると、「長谷川さんとは、数年前に映画でご一緒させていただいたことがあります。ただ結構前だったので、覚えてくださっているかなとドキドキして現場に入ったのですが、その頃と変わらず優しくて、“本郷くん久しぶり!”と握手してくださいました。ずっと、大河ドラマだからちゃんとしなきゃ!と緊張していたのですが、たぶん察してくださって、緊張をほぐしていただいて、すごく優しいお兄さんという印象です。まだ、長谷川さんと絡むシーンはないのですが、撮影日が一緒になったときには、モニターを通して、ドンと座長をやられている姿を拝見しております。これからもよろしくお願い致します。」と明かした。

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」は、NHK総合にて、毎週日曜20:00~放送中!
本郷は、越前編より出演。ぜひご期待ください。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top