shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

北川景子 映画「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」初日舞台挨拶にサプライズ登壇!

北川景子が、2/21(金)TOHOシネマズ 日比谷で行われた映画「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」初日舞台挨拶にサプライズ登壇した。

恋人が落としたスマホをきっかけに命を狙われ、ついには誰にも知られたくなかった過去を暴かれてしまうヒロインを描いたSNSミステリー「スマホを落としただけなのに」。2018年に映画化されるやいなや、スマホ世代の圧倒的な共感を集め邦画実写作品として4週連続1位になるなど社会現象となった。
そして、誰もが予想しなかった物語の結末に日本中が震撼した“あの”衝撃作が、続編として映画化。追う側と追われる側が禁断のタッグを組み、観る者すべての予想を裏切る、衝撃のSNSミステリー第二弾がここに誕生した。

北川は2018年11月に公開された「スマホを落としただけなのに」でヒロイン・稲葉麻美を、そして同作でも稲葉麻美として特別出演している。

この日北川は、前作で麻美の恋人・富田誠を演じた田中圭さんと共にサプライズ出演。観客はもちろん、登壇した千葉雄大さん、白石麻衣さん、成田凌さんにもサプライズだったため、突然の出来事に涙ぐむ千葉さん、白石さん、そしてそっとハンカチを渡す成田さん。そんな3人の様子を見て北川は、「泣かせるはずじゃなかった。千葉君の主演で白石さん、成田君が出演してパート2をやると聞いた時に、なんて豪華なメンバーがパート2を作ってくれるんだろうと感動していました。番宣をたくさんやられていたのも観ていましたので、今日みんなの顔を見た時に私も泣きそうになりました。本当にお疲れ様でした。」と言葉をかけた。

その後、同作を観た感想を聞かれ、「めちゃくちゃ面白かったです。観た日に千葉君に長文のメッセージを送りました。普通にお客さんとして楽しめました。」と答えると、MCから具体的にどんな部分が面白かったですか?と質問され、「パート1の時も実は千葉君演じる加賀谷の話だなと思っていました。加賀谷のバックグラウンドがキーになっていたと思いますが、パート2でそれが明かされていくのが面白かったですし、加賀谷の人間的な部分も見られて良かったです。観終わって私も頑張ろうと思いました。」と絶賛した。

観客動員数が前作比122%というスタートを切った同作。北川は、「パート1の時にみんなで力を合わせてひとりでも多くの方に観ていただきたいと話しをしていて、(実際にも)たくさんの方に観ていただけたのでパート2はもっとたくさんの方に観ていただきたいと思っていました。今回私は応援しているだけでしたが、千葉君も白石さんも成田君も一生懸命この作品を届けようと頑張っていらっしゃったので、数字として報われるのは本当に嬉しいですし、今日ご覧になった方がもっと広めてくださると思うので、前作の倍くらいいってほしいです。」と期待を寄せた。

映画「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」は、現在公開中。
ぜひ劇場でご覧ください!

【ストーリー】
長い黒髪の女性ばかりを狙った、連続殺人事件。
事件を追っていた刑事の加賀谷(千葉雄大)が、連続殺人鬼の浦野(成田凌)を捕まえて事件は幕を閉じた。
と、誰もが思っていた――。
犯人を捕まえたにも関わらず、同じ殺人現場から次々と発見される、若い女性の遺体。
捜査が混迷を極める中、加賀谷は最後の手段として、囚われの殺人鬼・浦野への面会を申し込む。
「お前が、殺したのか……?」
刑務所で自由を奪われた浦野は、かつて自分にネット犯罪の全てを教えた、謎の人物「M」の存在を明かし、自分ならMに近づくことができると加賀谷にささやく。
仕方なく浦野と手を組むことにした加賀谷だったが、恋人の美乃里(白石麻衣)が謎の男に狙われていることに気が付く。
なぜ犯人は美乃里を狙うのか。
これは模倣犯の仕業? それとも浦野の犯行?
やがて事件は誰もが予想しない急展開を見せ、加賀谷は愛する者の命だけでなく、自分が抱えるヒミツまでもが危険に晒されてしまう。
ただ、スマホを落としただけなのに…。

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top