shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

水橋研二 映画「滑走路」出演決定!

水橋研二が今秋公開予定の映画「滑走路」に出演することが発表された。

いじめや非正規雇用といった自らの経験を基に短歌を発表し続けた歌人・萩原慎一郎氏による「歌集 滑走路」。あとがきを入稿したわずか1か月後、32歳の若さにして命を絶ち、デビュー作にして遺作となった一冊の歌集は、苦難の中それでも生きる希望を歌い、苦悩を抱える人へのエールとして多くの共感を呼び話題に。新聞やTVなどでも次々と取り上げられ、自費出版がメインの歌集において異例のベストセラーを記録した。

萩原氏の原作歌集をモチーフにオリジナルストーリーとして紡がれる同作。30代後半に差し掛かり将来への不安を抱える切り絵作家の翠、非正規雇用者の自殺問題に向き合いつつ自らも過重労働に苛まれる厚生労働省の若手官僚・鷹野、そして幼馴染をかばったことでいじめの標的にされてしまう中学二年生の学級委員長を軸に、現代を生きる若い世代が抱える不安や葛藤、それでもなお希望を求めてもがき生きる姿を鮮烈に描き出す。

厚生労働省で働く若手官僚の鷹野は、激務の中で仕事への理想も失い無力な自分に思い悩んでいた。ある日、陳情に来たNPO団体から非正規雇用が原因で自死したとされる人々のリストを持ち込まれ追及を受けた鷹野は、そのリストの中から自分と同じ25歳で自死した青年に関心を抱き、その死の理由を調べ始めるが──。

水橋は翠の夫で、高校の美術教師として働く拓己を演じる。

水橋は、「映画を映画館で観れる事に喜びと感謝を致します。コロナ禍が続く中、少しづつ日常に近づいていこうとする一つに映画館で作品を観る、という事があると思います。そして作品は皆さんが観て、感じて、何かを思い考える事で、その作品の完成だと思っています。是非「滑走路」を皆さんの中で完成させてください。」とコメントを寄せた。

映画「滑走路」は、今秋公開予定。
ぜひご期待ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top