shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

萩原みのり 映画「13月の女の子」出演決定!

萩原みのりが、8/15(土)公開の映画「13月の女の子」に出演することが発表された。

同作は、2017年、2019年に公演され好評を得た舞台「13月の女の子」が原案。当時の制作チームが映画化の為に改稿、亡くなった友達を求めて世界線を超える、女の子達の純粋な友情を描いたSFファンタジーとなっている。

女子高生、穴森一穂は引っ込み思案でクラスに馴染めずいた。
そんなある日、生まれつき心臓病を患う唐木田巫女と偶然出会い二人は親しくなっていく。
しかし半年後、巫女は入院中に亡くなってまう。 悲しみ暮れている一穂通の手紙が届く…。
『唐木田巫女について話があります。明日の夜、あの部屋に来て』
巫女についての話とは?一穂は一人、夜の校舎へと入って行く。
そこには、巫女の死と同時に現れた謎の転校生・浮間莉音が待ち受けていた。

萩原は、物語のキーを握るミステリアスな浮間莉音役を演じる。

映画「13月の女の子」は、8/15(土)池袋シネマ・ロサにて公開!
ぜひご期待ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top