shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

水橋研二 ドラマ「探偵・由利麟太郎」最終章に出演!

水橋研二が毎週火曜21:00~放送中のドラマ「探偵・由利麟太郎」(カンテレ・フジテレビ系)の最終章に出演する。

同作は、金田一耕助シリーズで知られる横溝正史が世に送り出した、戦後初の本格長編小説『蝶々殺人事件』を含む“由利麟太郎シリーズ”の初の連続ドラマ化。
横溝正史のおどろおどろしい奇怪な世界を現代風に新解釈し、元警視庁捜査一課長という経歴を持つ白髪の名探偵・由利麟太郎と、由利を敬愛し、助手としてバディーを組むミステリー作家志望の青年・三津木俊助が次々と起こる怪事件をともに推理していく。

水橋が出演する7/7・14(火)放送の最終章「マーダー・バタフライ前編/後編」は、“由利麟太郎シリーズ”の中でも最も人気のある『蝶々殺人事件』が原作。ドラマ版では「マーダー・バタフライ」と作品名を変えたが、舞台は小説と同じく、国の重要文化財でもある大阪市中央公会堂をメインに繰り広げられる。

誰しもが犯人になりえるくせのある登場人物たちが、オペラ会場である中央公会堂に集結。そこに運ばれたコントラバスケースの中から真っ赤なバラに包まれたさくらの遺体が発見され、謎の怪事件がスタート。愛憎渦巻く複雑な人間関係の中で次々と巻き起こる連続殺人事件。冷静沈着に事件を探る由利が、最後に導き出した答えとは―。

水橋は、バリトン歌手・志賀笛人を演じる。

ドラマ「探偵・由利麟太郎」最終章は7/7・14(火)21:00~カンテレ・フジテレビ系にて放送。
ぜひご期待ください!

【最終章・第4話(7/7)あらすじ】
オペラ界のスターでソプラノ歌手の原さくら(高岡早紀)は、弟子で若手歌手の相良千恵子(吉谷彩子)、テノール歌手の小野竜彦(佐野岳)、マネージャーの土屋恭蔵(鈴木一真)と助手の雨宮順平(水沢林太郎)、そのほかオーケストラの楽団員らとともに、東京での公演を終え、次の舞台・大阪へと向かっていた。
ところが翌日、会場に集まった一同は、さくらがいないことに気付く。さらに、見知らぬ女の子に手紙を渡された小野が、中を見た瞬間、顔色を変えて出て行ってしまう。そんななか、一行のもとには東京からの荷物が届き、コントラバス奏者の川田良介(佐渡山順久)が自分の楽器が見当たらないと騒ぎだす。しばらくして川田のコントラバスは無事に見つかるが、ケースの中にはバラの花びらに覆われたさくらの遺体が入っていた――!
さくらの夫・聡一郎(大鶴義丹)に誘われ、俊助(志尊淳)とともに会場を訪れていた由利(吉川晃司)は、絞殺されたさくらの遺体から砂が落ちたことに気付く。また前日の夜、千恵子がさくらに頼まれて代わりにホテルにチェックインしたことも判明。さらに、さくらの持ち物には、暗号化された読めない楽譜が。それは、同じ楽団のバリトン歌手・志賀笛人(水橋研二)の弟子で、当時新人歌手だった藤本章二(池岡亮介)が殺害された際に、楽譜を手にしていたという事件をほうふつさせた。
スター歌手だったさくらの死にショックを隠せない楽団員たち。すると、メンバーの間ではたびたびさくらの亡霊が目撃されるようになる。そして犯人が分からないまま、一行にはさらなる悲劇が迫っていて…!

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top