shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

竹財輝之助 ドラマ「マイラブ・マイベイカー」記者会見!

竹財輝之助出演ドラマ「マイラブ・マイベイカー」の記者会見が7/3(金)都内で行われ、キャストと共に竹財が出席した。

同作は、ジーンLINEで好評連載中の、らくだ著コミック「マイ ベイカー」のドラマ化で、パン屋を舞台に、恋愛ベタな店長・小岩美々子と新人バイト・北薫と、2人を取り巻く人々を描いた“ムズキュン”ラブストーリー。

先代から継いだベーカリーミミィを切り盛りする店長・小岩美々子(本仮屋ユイカ)は、人手不足を持ち前のパワフルさで乗り切っていた。そんなある日、美々子より6歳年下の青年・北薫(飯島寛騎さん)が、新人バイトとして店に入ってくる。彼は仕上げ担当として、また貴重な男手として、美々子をフォローし、店に欠かせない存在になる。だが、三ツ星フレンチレストランの元シェフだった北には、何か秘密があるようで…。

竹財は、美々子に想いを寄せるベーカリープロデューサー・柏木広を演じる。

会見にて竹財は、「ベーカリープロデューサーの役ということで、ベーカリープロデューサーの岸本拓也さんの記事を読みあさりました。やられていることや言動、考えていることがすごく勉強になって役作りに活かしつつ、あとは現場で監督に付け足していただいて、とても魅力的なキャラクターにしていただきました。パンの妖精を演じたりもしているので、そのあたりも楽しんでいただきたいです。美々子さんに対して一途で、順位で言うと美々子さんが常に1位であることを大事に演じました。」とコメント。

好きなシーンを聞かれ、「初登場のシーンです。監督にいろいろと演出をつけていただいて、そこで僕の演技の軸がだいぶブレたので(笑)印象深いです。僕は台本通りに普通にやろうと思っていたら、監督は面白くなかったんでしょうね。エキセントリックな方向に行きまして…実験しつつやりました。どの現場でも初日は緊張するのですが、今回はそのおかげで緊張がなくなりました。」と笑顔で答えた。

恋愛ベタな2人の恋の行方を阻むライバル役を演じた竹財。特に意識したことはあったか?という質問があがり、「とにかく美々子さんしか見えていないという役柄だったので、ライバルであることを意識はしていなかったです。ただ、パン屋さんのシーンでは北君のことを極力見ないようにしていました。」と話した。

その後、ステイホーム期間中の話題となり、普段挑戦できないようなことをしたか?という質問を受け、「普段から料理はするので、ステイホームだからということで作ったものはないのですが、パンっぽいもので言うと、チョコチップスコーンを焼きました。」と回答。

さらに、同作が“ムズキュン”ラブストーリーであることにかけ、ステイホーム中にムズムズ・キュンキュンしたことは?という質問には、「鼻毛が伸びてしまってムズムズしていました…そういう話ではないですね(笑)。僕は子供がいるのですが、ずっと子供と一緒に居ることができて、
時々イラッとすることもありましたが、毎日キュンキュンしていました。」と答えると本仮屋から“こんなカッコイイパパだったら最高”と言われ、「家ではこんなじゃない、鼻毛伸びてるから。」と自虐ネタを話し、会場の笑いを誘っていた。

また、作品にちなみ好きなパンは?と聞かれ、「ベーコンエピです。バゲットが好きで、さらにベーコンが追加されている。ベーコンエピだけはぶれずに、パン屋さんに行って見つけると必ず買います。生食パンとかも好きですが、ベーカリーはバゲットが美味しいとテンションがあがりま
す。」と明かした。

そして最後に、「ベーカリーの人たちはすごくイイキャラクターなので、ぜひ楽しんでください。また、美味しそうなパンがたくさん出てきます。そちらも楽しみにしてください。よろしくお願いします。」とメッセージを送った。

ドラマ「マイラブ・マイベイカー」は、7/10(金)より、ひかりTV、dTVチャンネルにて順次配信、7/13(月)より、カンテレ、メ~テレ、テレビ神奈川にて順次放送される。
さらに、7/9(木)19:00より中国・ビリビリにて配信がスタート。ぜひお楽しみください!

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top