shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

中川大志 アニメ映画「ジョゼと虎と魚たち」声優出演決定!

中川大志が12月公開のアニメ映画「ジョゼと虎と魚たち」で声優出演することが発表された。

同作は、芥川賞作家・田辺聖子氏の名編で、2003年に実写映画化もされた「ジョゼと虎と魚たち」のアニメーション映画化。趣味の絵と本と想像の中で、自分の世界を生きるジョゼが、夢を追いかけながらバイトに明け暮れる勤労学生・恒夫との出会いをきっかけに、外の世界に飛び出していくことを決意。瑞々しく真っすぐな純愛の中、互いと自分自身を知って前に進んでいく姿が描かれる。

中川は、大阪の大学に通う4年生、鈴川恒夫の声を担当する。メキシコに生息する魚に魅せられ、海洋生物学を専攻している恒夫は、卒業後に留学するべく、ダイビングショップをはじめいくつものバイトを掛け持ち中。ジョゼと出会い、彼女の祖母からあるバイトを頼まれることになる、という役どころ。

出演にあたり中川は、「恒夫を演じていけばいく程、僕はジョゼが愛おしくて堪らなくなりました。ジョゼと出逢って、見慣れたはずの景色がこんなにもカラフルに見えるなんて。お客様にも、ジョゼと恒夫と共に、劇場でその景色を観て頂ければ嬉しいです。」とコメントを寄せた。

アニメ映画「ジョゼと虎と魚たち」は、12/25(金)公開。
ぜひご期待ください!

【物語】
趣味の絵と本と想像の中で、自分の世界を生きるジョゼ。
幼いころから車椅子の彼女は、ある日、危うく坂道で転げ落ちそうになったところを、大学生の恒夫に助けられる。
海洋生物学を専攻する恒夫は、メキシコにしか生息しない幻の魚の群れをいつかその目で見るという夢を追いかけながら、バイトに明け暮れる勤労学生。
そんな恒夫にジョゼとふたりで暮らす祖母・チヅは、あるバイトを持ち掛ける。
それはジョゼの注文を聞いて、彼女の相手をすること。
しかしひねくれていて口が悪いジョゼは恒夫に辛辣に当たり、恒夫もジョゼに我慢することなく真っすぐにぶつかっていく。
そんな中で見え隠れするそれぞれの心の内と、縮まっていくふたりの心の距離。
その触れ合いの中で、ジョゼは意を決して夢見ていた外の世界へ恒夫と共に飛び出すことを決めるが……。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top